@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酸化チタン【さんかチタン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酸化チタン
さんかチタン
titanium oxide
(1) 酸化チタン (II)   TiO 。黒色柱状晶。比重 4.93,融点 1750℃。 (2) 酸化チタン (III)   TiO2O3 。紫色結晶。比重 4.6。 (3) 酸化チタン (IV)   TiO2 。天然には板チタン石,鋭錐石,ルチルとして産出。空気中でチタンを強熱すると,無色粉末として得られる。融点 1855℃。ファインセラミックスの原料。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんか‐チタン〔サンクワ‐〕【酸化チタン】
チタン酸化物総称。ふつう二酸化チタン(酸化チタン(Ⅳ))を指す。光触媒、曇り止め、防菌など広く利用される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんかチタン【酸化チタン titanium oxide】
酸化数II,III,IVの化合物が知られるが,広く用いられているのは酸化チタン(IV)である。
[酸化チタン(IV)]
 化学式TiO2。構造の違う3種の変態が知られ,いずれも天然にルチル(正方晶系),板チタン石(斜方晶系),アナターゼ(正方晶系)として産する。またチタン鉄鉱の主成分でもある。工業的に大量につくられ,日本における総生産量は10万t以上で,その90%以上が白色顔料チタン白として使われており,最大の隠ぺい(蔽)力をもつ無機顔料である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

酸化チタン
さんかちたん
titanium oxide
チタンと酸素の化合物。チタンの酸化数によって、3種の酸化物が知られている。
(1)酸化チタン() 化学式TiO、式量63.9。酸化チタン()TiO2とチタンを真空中で1550~1750℃に加熱すると生ずる黒色結晶であるが、正確にTiOの組成を得ることは困難である。
(2)酸化チタン() 化学式Ti2O3、式量143.76。酸化チタン()を水素と四塩化チタンTiCl4との混合気流中で1000℃に加熱して得られる紫色結晶である。
(3)酸化チタン() 化学式TiO2、式量79.88。二酸化チタンともよばれ、チタンの酸化物のなかではもっとも安定である。チタンの水和酸化物を強熱すると得られる無色粉末であるが、天然には、ルチル(金紅石)、板チタン石、鋭錐石(えいすいせき)(アナタース)のそれぞれ結晶構造の異なる鉱物として産出する。白色顔料(チタンホワイト)、磁器原料、研摩剤、医薬品、化粧品などの用途がある。
 これらのほか、金属チタンの結晶中に酸素が吸蔵されて生成する不定比結晶相TiOxx<0.5)も知られている。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんか‐チタン サンクヮ‥【酸化チタン】
〘名〙 (チタンはTitan) チタンの酸化物。TiO2 の化学式のものは天然にも産出し、白色顔料、塗料、インク、化粧品、磁器、医薬品などに用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

酸化チタン
サンカチタン
titanium oxide

】酸化チタン(Ⅱ):TiO(63.87).一酸化チタンともいう.二酸化チタンを金属チタンとともに1500 ℃ に加熱すると得られる.黒色の等軸晶系柱状晶.密度4.93 g cm-3.融点1750 ℃.希硫酸に可溶,硝酸に不溶.保護膜,蒸着膜材料に用いられる.[CAS 12137-20-1]【】酸化チタン(Ⅲ):Ti2O3(143.73).三酸化二チタンともいう.二酸化チタンを金属チタンとともに700 ℃ に熱すると得られる.紫黒色の六方晶系結晶.密度4.6 g cm-3.2130 ℃ で分解する.冷水,熱水に不溶,硫酸に可溶,塩酸,硝酸に不溶.非常に安定であるが,クロム酸や過マンガン酸などの酸化性の酸により二酸化チタンに酸化される.光学薄膜,光触媒材料などに用いられる.[CAS 1344-54-3]【】酸化チタン(Ⅳ):TiO2(79.88).二酸化チタンともいう.[CAS 13463-67-7:TiO2(ルチル)][CAS 1317-70-0:TiO2(アナターゼ)]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

酸化チタン

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化チタン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸化チタンの関連情報

関連キーワード

二酸化炭素吸収材料非化学量論的化合物真空蒸着炭素星赤色巨星チタン酸バリウムくる病・骨軟化症チタン化合物

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation