@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酸化ホウ素【さんかホウそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酸化ホウ素
さんかホウそ
boron oxide
各種の酸化物があるが,通常三酸化二ホウ素をいう。化学式 B2O3 。無水ホウ酸と呼ばれることもある。無色の斜方晶系であるが,結晶化しにくいため,もろいガラス状物質もあり,吸湿性がある。融点 450℃。沸点 1500℃以上。水,アルコールグリセリンに可溶。ケイ酸塩分解用融剤,冶金用融剤などとして利用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

酸化ホウ素
サンカホウソ
boron oxide

B2O2,B4O3,B4O5など数種類のものが報告されているが,一般にはB2O3をさす.酸化ホウ素(Ⅲ):B2O3(69.62).無水ホウ酸,三酸化二ホウ素ともいう.オルトホウ酸を赤熱すると無色のガラス状のものが得られる.密度1.84 g cm-3.融点577 ℃,沸点1500 ℃ 以上.水に溶けてメタホウ酸を経てオルトホウ酸を生じる.両性酸化物で,硫酸,リン酸に溶けてB(HSO4)3,BPO4を生じるが,加水分解するとB2O3を沈殿する.フッ素とは常温で反応してBF3と O2 とを生じるが,ほかのハロゲンとは反応しない.アルカリ金属,マグネシウム,アルミニウムなどで還元される.ギ酸ナトリウムと加熱しても,ホウ素に還元される.炭素では赤熱しても還元されない.耐熱ガラス,光学ガラス,窯業材料,顔料,電子セラミックスなどの原料として用いられる.[CAS 1303-86-2:B2O3][別用語参照]ホウ酸

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化ホウ素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸化ホウ素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation