@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酸性白土【さんせいはくど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酸性白土
さんせいはくど
Japanese acid clay; acid earth
1899年小林久平により新潟県で最初に発見された粘土一種鉱物学的にみればモンモリロナイトを主とする粘土であるが,酸性を示す。たとえば酸性白土一片を水でぬらし,pH試験紙 (リトマス試験紙) の上におくと,粘土塊が付着した部分のみが赤くなる。酸性白土と同様モンモリロナイトを主とする粘土にベントナイトがあるが,ベントナイトは酸性を示さない。また酸性白土はベントナイトのように膨潤性を示さない点においてもベントナイトと区別される。酸性白土は強い吸着能と触媒能があるため,シリカゲルなどの乾燥剤,歯磨粉アセチレンなどの重合触媒剤,デンプンの糖化促進剤,医薬品等の原料など各種の用途がある。イギリスの fuller's earth,アメリカの Florida earthと呼ばれるものが,これに相当する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんせい‐はくど【酸性白土】
白色の粘土の一種。微粉末で、主成分は粘土鉱物モンモリロナイト。水を加えると弱酸性を呈する。吸着性があり、石油脱色や乾燥剤などに利用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

酸性白土
フラー土(fuller's earth)と同義.この土は著しい酸性反応を示すことで酸性白土(acid earth)と呼ばれた.この土の懸濁pH値は5~6で,ベントナイトに比べてより酸性である.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

酸性白土
 天然の含水ケイ酸アルミニウムで,ろ過助剤として食品製造に用いる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんせいはくど【酸性白土 acid earth】
モンモリロナイトを主とする粘土類の商品名。強い吸着能と触媒能があり,油類の脱色,脱臭,有機化学反応の触媒,あるいはショ糖の転化剤,デンプンの糖化剤などとして利用される。その名称は懸濁液のpHの値が酸性(pH5~6)を呈することによる。ベントナイトの地表風化によって生成したものとされ,新潟県蒲原郡産の蒲原白土は古くより著名である。ベントナイトの硫酸処理などにより製造される場合もある。酸性白土を酸処理してシリカゲル,アルミナシリカゲル,あるいは吸着能をさらに高めた(活性化した)活性白土などを製造する場合もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

酸性白土
さんせいはくど

粘土鉱物としてモンモリロナイトまたは同類の粘土を主成分とする堆積物(たいせきぶつ)で、酸性の火山岩やその凝灰岩が地層中で風化変質したもの。東北または上信越の第三紀火山地帯、とくにグリーンタフ分布地域から採掘される。第四紀以降の土壌生成物ではなく地質学的堆積物の一種。同じものは世界の各地にも分布するが、酸性白土の名称は日本でのみ使われている。中~弱酸性を呈し、工業用の触媒や医療薬品などに供される。

[浅海重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんせい‐はくど【酸性白土】
〘名〙 粘土の一種。白色ないし淡灰色の微粉末。モンモリロナイト、可溶性珪酸などが主成分。石英粗面岩、凝灰岩を母岩とし、熱水、熱気、温泉などの作用により変質生成されたものと考えられる。懸濁液は酸性を示す。乾燥材、油類の脱色などに用いる。日本各地に存在するが、特に東北・上信越地方に多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸性白土」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸性白土の関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)リジェンダーイェーツチェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアチェレプニンパテルノストロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation