@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酸素吸入【さんそきゅうにゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

酸素吸入
さんそきゅうにゅう
全身状態が悪くて呼吸運動が十分に行えない場合,高所などの空気中の酸素が不足した環境にいるとき,あるいは全身麻酔時などに,酸素を与えて組織ガス交換を助ける方法。ボンベなどから酸素だけを与える方法と,吸気の酸素分圧を高める方法とがあり,酸素マスク,鼻腔カテーテル酸素テント,酸素室などを用いて行われる。なお,加圧した酸素を吸入させる高圧酸素療法がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんそ‐きゅうにゅう〔‐キフニフ〕【酸素吸入】
血液中の酸素欠乏の症状があるときに酸素を吸入させ、呼吸を助けること。肺炎一酸化炭素中毒高山病などの場合に行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんそきゅうにゅう【酸素吸入 oxygen inhalation】
種々の原因による人体組織の酸素欠乏状態に対して,吸気に酸素を加えることによって,空気より濃い酸素を吸入させて呼吸不全の改善をはかる操作。主として喘息(ぜんそく),肺気腫,肺炎などの呼吸器疾患や,鬱血(うつけつ)性心不全,著しい貧血,一酸化炭素中毒などに対する治療法として行われるが,高山登山や加圧装置のない航空機内など,気圧が著しく低下する場合に酸素の不足を補う目的でも行われる。 吸入の方法は,酸素ボンベから流量計を通して,鼻腔カニューレ,ベンチュリーマスク,フェーステントなどに酸素を導き,種々の比率で空気と混合して吸入させる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さんそ‐きゅうにゅう ‥キフニフ【酸素吸入】
〘名〙 呼吸困難や貧血などの病的状態により身体組織内の酸素が欠乏した時や、全身麻酔で行なう手術の時などに、空気中より濃い酸素を吸入させて組織のガス交換を助ける方法。
※イボタの虫(1919)〈中戸川吉二〉「酸素吸入をやってゐると云ふ病人に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

酸素吸入
さんそきゅうにゅう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸素吸入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸素吸入の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation