@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

酸葉【スイバ】

デジタル大辞泉

すい‐ば【酸葉】
タデ科の多年草。野原に生え、高さ50~80センチ。葉は長楕円形で基部は矢じり形。雌雄異株。初夏、淡緑色または緑紫色の小花を多数つける。葉や茎に酸味がある。すかんぽ。すし。 春》「―噛(か)んで故山悉(ことごと)くはろかなり/友二」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

すいば【酸葉】
タデ科の多年草。荒れ地や原野などに多い。全体に赤みを帯び、高さは約70センチメートル。根葉は卵状長楕円形。雌雄異株。春、茎頂に淡緑色の小花を多数つける。果実は赤色を帯びた三枚の丸い萼がくに包まれる。茎や葉に酸味があり、若苗は食用。スカンポ。スシ。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

酸葉 (スイバ)
学名:Rumex acetosa
植物。タデ科の多年草,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すい‐ば【酸葉】
〘名〙 タデ科の多年草。各地の路傍や原野に生える。高さ三〇~八〇センチメートル。茎には縦溝があり紅紫色を帯びる。葉は長楕円状披針形で基部はやや切れ込む。根葉は長柄をもち茎葉の基部は茎を抱く。雌雄異株。春、淡紅色の小花を円錐花序に密集してつける。花は健胃・解熱薬として煎服(せんぷく)し、根の液汁は皮膚病に用いる。漢名、酸模、蓚。すかんぽ。だやす。すし。すいか。すいどうぐさ。すいとぐさ。《季・春》 〔和爾雅(1688)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸葉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

酸葉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation