@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

醍醐味【ダイゴミ】

デジタル大辞泉

だいご‐み【××醐味】
仏語。仏陀の、最上で真実の教え。
物事の本当のおもしろさ。深い味わい。「読書の醍醐味を味わう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だいごみ【醍醐味】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいごみ【醍醐味】
醍醐の味。美味の最上のものとされ、仏の教法の形容とする。
すばらしい味わいの食物。 あわの飯とは日本一の-/浄瑠璃・最明寺殿
ほんとうの面白さ。深い味わい。神髄。 釣りの-を味わう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

醍醐味
だいごみ
「最高の美味」を意味する教用語。牛乳製品を発酵の段階にしたがって五つ(乳(にゅう)、酪(らく)、生酥(しょうそ)、熟酥(じゅくそ)、醍醐)に分け、それら五つの味を五味(ごみ)といい、あとのものほど美味であるとする。五味は教義や経典の深浅の説明に用いられ、最高のもの(たとえば『涅槃経(ねはんぎょう)』)が醍醐味に例えられる。サンスクリット語でサルピル・マンダsarpir maaというが、乳酸飲料「カルピス」はこのsarpir(サルピスsarpis)をもじった商標である。すばらしい体験をすることを「醍醐味を味わう」という。[定方 晟]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいご‐み【醍醐味】
〘名〙
仏語醍醐のあじ。五味のうち、最上のものをいう。
※葉子十行本平家(13C前)一〇「我宗には四教五味を立て、一切の聖教を教ふ。蔵通別円也。五味とは乳、酪、生、熟蘇、醍醐味、是也」
② 仏語。一乗真実の法。如来の最上の教法。
※日蓮遺文‐撰時抄(1275)「法華経を醍醐味と称することは陳隋の代なり」
※ささめごと(1463‐64頃)「仏法に最上醍醐味といへる、いかにも練れる心をいふなるべし」
③ 醍醐のあじのような最上の味わい。美味なものをほめていう語。おいしい食物
浄瑠璃・最明寺殿百人上臈(1699)道行「あはのゐひとは日本一のだいごみ、御ちそうにあづかりたし」
④ ものごとのほんとうのおもしろさ。深い味わい。真髄。
※他所の恋(1939‐40)〈正宗白鳥〉二「かういふ実直な堅人(かたじん)らしい中年男は案外色恋の醍醐味(ダイゴミ)を舐めてゐるのかも知れない」
[補注]⇒「だいご(醍醐)」の補注

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

醍醐味」の用語解説はコトバンクが提供しています。

醍醐味の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation