@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

醍醐天皇【だいごてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

醍醐天皇
だいごてんのう
[生]元慶9(885).1.18. 京都
[没]延長8(930).9.29. 京都
第 60代の天皇 (在位 897~930) 。名は敦仁。宇多天皇の第1皇子。母は内大臣藤原高藤の娘,贈皇太后胤子。寛平5 (893) 年皇太子となり,同9年 13歳で即位。父帝が左大臣藤原時平,右大臣菅原道真に新帝を補佐させたときの遺誡は『寛平御遺誡』として有名である。醍醐天皇の治世摂関をおかず,天皇親裁の形であったが,道真が時平の讒にあって左遷されたため,藤原氏進出の道が開かれた。治世中,『三代実録』『延喜格式』の編纂,『古今和歌集』などの勅撰が行われ,政務への精励やその治績は第 62代の村上天皇の時代とともに「延喜・天暦の治」とたたえられた。陵墓は京都市伏見区醍醐古道町の後山科陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だいご‐てんのう〔‐テンワウ〕【醍醐天皇】
[885~930]第60代天皇。在位897~930。宇多天皇の第1皇子。名は敦仁(あつぎみ)。藤原時平菅原道真を登用し、延喜元年(901)に菅原道真が藤原時平に讒(ざん)されてからは、時平を重用して親政を行い、後世「延喜の治」と称された。治世中に「三代実録」「古今集」「延喜格式」を編纂(へんさん)させた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

醍醐天皇 だいごてんのう
885-930 平安時代前期-中期,第60代天皇。在位897-930。
元慶(がんぎょう)9年1月18日生まれ。宇多天皇の第1皇子。母は藤原胤子(いんし)。父の譲位をうけ,13歳で元服と同時に即位。菅原道真(みちざね)左遷後は藤原時平に実権をにぎられる。政治・文化両面に積極的で,荘園整理令を施行し,「日本三代実録」「古今和歌集」「延喜格(えんぎきゃく)」「延喜式」などを完成させた。病気のため延長8年譲位。延長8年9月29日死去。46歳。墓所は後山科陵(のちのやましなのみささぎ)(京都市伏見区)。諱(いみな)は維城,敦仁(あつひと)。別名に延喜帝,小野天皇,後山階帝。法名は金剛宝。日記に「醍醐天皇御記」。
【格言など】春風の吹かぬ世にだにあらませば心のどかに花は見てまし(「続後撰和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

だいごてんのう【醍醐天皇】
885‐930(仁和1‐延長8)
第60代に数えられる天皇。在位897‐930年。父は宇多天皇,母は女御胤子(藤原高藤女)。諱(いみな)は敦仁。893年(寛平5)立太子。897年に元服,即位。治世のはじめは父上皇の意志で藤原時平,菅原道真が並んで補佐の任にあったが,まもなく道真は時平派により,天皇の廃立を謀ったとされて失脚。時平の死後はその弟忠平が政権の中心となった。天皇は親政を行い,地方政治や制度・文化面に実績をあげ,後世高く評価された(延喜・天暦の治)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だいごてんのう【醍醐天皇】
885~930) 第六〇代天皇(在位897~930)。名は敦仁あつぎみ。宇多天皇の第一皇子。菅原道真を右大臣に登用、延喜の治と称される天皇親政を行なった。この間、「古今集」「延喜格式」が編纂へんさんされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

醍醐天皇
だいごてんのう
(885―930)
第60代天皇(在位897~930)。宇多(うだ)天皇第一皇子。母は内大臣正三位藤原高藤(たかふじ)の女胤子(むすめいんし)。諱(いみな)は敦仁(あつぎみ)。893年(寛平5)4月立太子、897年宇多天皇から禅を受け即位。このときの伝国詔命に藤原時平(ときひら)と菅原道真(すがわらのみちざね)を重用せよとの指示があり、左右大臣として両人が天皇の治政を補佐した。しかし両者の間に反目が生じ、901年(延喜1)道真は時平により讒(ざん)され、大宰権帥(だざいのごんのそち)に左遷され、以後、時平の専権体制が確立し、律令(りつりょう)原則に立ち返った復古路線に基づく施策が打ち出された。時平没後はその弟忠平(ただひら)が太政官(だいじょうかん)の首班となり、時平とは異なる現実主義的路線を採用し、律令支配原理とは異なる支配方式で臨んだようである。政治面において困難に陥っていたが、国史や格式ないし『古今和歌集』の編纂(へんさん)が行われ、文化面では栄えるところがあった。晩年の天皇は流謫(るたく)に処した道真の怨霊(おんりょう)に悩まされ、930年(延長8)朱雀(すざく)天皇に譲位、落飾して即日崩御。陵墓は伏見(ふしみ)の後山科(のちのやましな)陵。[森田 悌]
『森田悌著『王朝政治』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

醍醐天皇 (だいごてんのう)
生年月日:885年1月18日
平安時代中期の第60代の天皇
930年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だいご‐てんのう ‥テンワウ【醍醐天皇】
第六〇代天皇。宇多天皇の第一皇子。母は藤原胤子。名は敦仁。寛平九年(八九七)一三歳で即位。在位三四年。宇多天皇の遺詔により藤原時平、菅原道真を左右大臣とする天皇親政を行なう。後世、延喜の治と呼ばれ、公家の理想時代とされた。「三代実録」「類聚国史」「延喜格式」などの編纂と、最初の勅撰和歌集「古今和歌集」の撰上が行なわれた。仁和元~延長八年(八八五‐九三〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

醍醐天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

醍醐天皇の関連情報

関連キーワード

ステファヌス5世(6世)カール[3世]アショットカール[3世]仁和プラティーハーラ朝ボージャ1世ハドリアヌス3世元慶喜撰式

他サービスで検索

「醍醐天皇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation