@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

醜名【シコナ】

デジタル大辞泉

しこ‐な【醜名】
(「四股名」とも当てて書く)相撲の力士の呼び名。「双葉山」「大鵬」など。
あだ名。
諱(いみな)のこと。本名。〈名義抄
自分の名を謙遜していう語。
「明理(あきまさ)の濫行に行成(ゆきなり)が―呼ぶべきにあらず」〈大鏡伊尹

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう‐めい〔シウ‐〕【醜名】
よくないうわさ。不名誉な評判。聞。「醜名を流す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しこな【醜名】
力士の名のり。平安末期の《類聚名義抄》には〈シコナ,イミナ〉とあり,あだ名のことで,自分の名の謙称である。いまでは力士の名のり(呼名)に専用され,〈四股名〉は江戸時代からの当て字である。力士が土俵に登場して,準備運動の四股(力足)を踏むところから,この当て字が生じた。力士の呼名として,平安時代から出身地を頭に冠して〈薩摩氏長〉のように用いられていたが,室町時代には浪人した武士が,強そうな醜名をつけ集団で巡業したことから始まる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しこな【醜名】
力士の名乗り。谷風・双葉山など。 四股名は当て字
いみ名。本名。 名義抄
自分の名を謙遜していう語。 明理の濫行に行成が-呼ぶべきにあらず/大鏡 伊尹

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうめい【醜名】
よくないうわさ。恥となるような風聞。醜聞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しこ‐な【醜名】
〘名〙
① いみ名のこと。本名。実名。
※観智院本名義抄(1241)「諱 イミナ イム カクル シコナ」
② 自分の名をへりくだっていう語。
※大鏡(12C前)三「明理(あきまさ)の乱行に、行成がしこなよぶべきにあらず」
③ あだな。異名。
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)一〇「としにもたらぬ女ばうの、ごしゃうだいじと、たしなむに、いざや、しこなをつけて、よばんとて、ひたちこはぎを、ひきかへて、ねんぶつこはぎと、おつけある」
④ (「四股名」とも書くがあて字) 相撲の力士の呼び名。谷風、雷電、双葉山などの類。
※御触書寛保集成‐四五・慶安二年(1649)七月「しこ名之異名を付候もの有之候はば、早々可申上候、いにしへより相撲取候もの異名付候とも、向後は其名堅可為無用事」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

醜名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

醜名の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation