@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【しゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


しゅう
ugliness; das Hässliche
美学上,美と相関的に扱われる概念。普通は美的なものとされ,美的形成を拒み,作品の内容と形式を乖離させて,不快感をもよおさせるものをいう。 1853年 K.ローゼンクランツが『醜なるものの美学』 Ästhetik des Hässlichenにおいて醜を美的範疇の一つとして以来,美をきわだたせる補助手段 (概念) としてその積極的価値が論じられている。しかし,これらは作品を形式と内容に分け,内容あるいは素材の醜から類推的に行われる判断であり,美的判断に別の判断が介入しているといえる。作品を不可分な統一体としてみる B.クローチェなどの美学では,作品であるかぎり美であり,醜は論外とされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しこ【醜】
(多く接頭語的に、また「しこの」の形で用いて)醜悪なもの、憎みののしるべきものなどにいう。また、卑下の気持ちを込めて用いることもある。「女(め)」「草」「の御楯(みたて)」
[補説]本来は、他に、強く恐ろしいことの意もあり、神名などに残る。→しこお2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう〔シウ〕【醜】
[名・形動]
みにくいこと。また、そのさま。
「日本服には美な運動も見えるけれど―な運動も見える」〈子規・墨汁一滴〉
はじ。「を天下にさらす」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう【醜】[漢字項目]
常用漢字] [音]シュウ(シウ)(漢) [訓]みにくい しこ
姿や行いが悪くて不快感を与える。みにくい。「醜悪醜怪醜状醜態醜聞美醜
[名のり]むね
[難読]醜名(しこな)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅう【醜 ugliness】
美に対立する概念である。だが美には,ふつう〈美しい〉と連想される狭義の美と,美的価値すべてをつつむ広義の美とが区別される。対立は前者に対してのことであり,感性および精神にかかわる両面的価値の総称たる後者においては,醜は美学や芸術研究における重要な論題である。醜の形式的特徴は無形態や歪曲や構成破壊と指摘されるが,いずれにせよ力強く現れてはじめて醜と認められる。狭義の美は人々の仰ぐ積極的価値であり,これと対立する以上,醜は消極的で否定的となるが,しかしその現れは美が薄れて弱まった状態どころでなく,むしろ美を圧伏するほどの迫力をみなぎらせている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しこ【醜】
多く名詞の上に付いて用い、またしこのしこつの形でも用いる
醜悪なものや嫌悪感を起こさせるものをののしっていう語。くだらない。役に立たない。馬鹿な。また、強く恐ろしいものにもいう。 うれたきや、-ほととぎす/万葉集 1507
自らを卑下したり自嘲していう語。つまらない。つたない。 -のますらをなほ恋ひにけり/万葉集 117 記紀のアシハラシコヲなど名前に用いられたものは、醜悪なものを好んで名付けた古代の命名法の一

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう【醜】
顔かたちのみにくいこと。しこ。 美と-
おこないや態度の見苦しいこと。恥ずべきこと。 -をさらす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しこ【醜】
〘名〙
① (特に人について) 強く恐ろしいこと。強く頑丈なこと。「古事記‐上」の「大国主神。亦の名は大穴牟遅神〈略〉と謂ひ、亦の名は葦原色許男神(あしはらシコをのかみ)〈略〉と謂ひ」に見える「葦原色許男」の「色許」は、神名の一部として用いられた例。
② 醜悪なこと。けがらわしいこと。多く、接頭語的、または「しこの」「しこつ」の形で、ののしったりへりくだったりする場合に用いられる。「醜女(しこめ)」「醜草(しこぐさ)」「醜手(しこて)」「醜(しこ)ほととぎす」「醜屋(しこや)」「醜(しこ)つ翁(おきな)」「醜(しこ)の御楯(みたて)」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しこめ・し【醜】
〘形ク〙 きたなくみにくい。醜悪でけがれている。→いなしこめしいなしこめしこめし
※書紀(720)神代下(兼夏本訓)「凶目杵(シコメキ)(くに)(か)と宣ひて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう シウ【醜】
〘名〙
① (形動) 顔だちや姿のみにくいこと。美しくないさま。また、その人。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「幸にして汝が面貌、醜(シウ)ならざれば」
② 性質や行為などがけがらわしく、恥ずべきこと。欠点。恥。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)六「もしは好、もしは醜(シウ)(〈注〉アシキ)、もしは美、もしは不美」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉九「自己の醜を自白するのは中々見あげたものだ」 〔戦国策‐魏策上・文侯〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

醜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation