@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【サイ】

デジタル大辞泉

さい【采/×賽】
双六(すごろく)・ばくちなどで用いる小さな立方体の道具。六つの面に一から六までの目が記してあり、投げ転がして上面に出た数により勝負を決める。さいころ一天地六(いってんちろく)
采配」の。「―を振る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい【采】[漢字項目]
常用漢字] [音]サイ(呉)(漢) [訓]とる
美しい色彩。「采衣」
姿や様子。「風采
えらびとる。「納采
領地。「采地
[名のり]あや・うね・こと
[難読]采女(うねめ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざい【采】
采配。さい。 信長公-を取て/戴恩記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざい【采】
※甲陽軍鑑(17C初)品四八「此度、広瀬・みしな両人にも小菅並にざいをゆるし下さるるは、六年後酉年なり」
※江戸繁昌記(1832‐36)二「纔かに官賜所金麾(〈注〉ザイ)を認むるのみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

采の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation