@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

釈奠【せきてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

釈奠
せきてん
Shi-dian
孔子を中心にして祀る儀式孔子とともに周公弟子のうちのいわゆる「孔門の十哲」なども祀る。中国では民国の時代までこの儀式が主として春秋の2回行われた。同じく孔子を祀る儀式に釈菜 (せきさい) ,釈幣 (せきへい) といわれるものがあるが,釈が最も重視される。この儀式は日本にも移入され,奈良時代に行われたが,そののち絶え,江戸時代に復活した。現在も,東京お茶ノ水にある孔子廟 (湯島聖堂) で挙行されているが,供物には魚を用いたり (中国では本来は動物を犠牲とする) ,茶道による献茶式が伴ったりしていて,かなり日本的に変化している。また,佐賀県多久市の孔子廟でも行なっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せき‐てん【×奠】
《「釈」「奠」ともに、供え物を置く意》陰暦2月と8月の上の丁(ひのと)の日に孔子を祭る儀式。古代中国では先帝先師の祭りの総称であったが、後漢以来孔子とその弟子を祭る大典をいうようになった。日本では大宝元年(701)に初めて大学寮で行われ、室町時代には微したが、江戸時代に幕府・諸藩が再興、現在も湯島聖堂などで行われている。しゃくてん。さくてん。 春》「―や誰が註古りし手沢本/草城

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おき‐まつり【×奠】
孔子を祭る儀式。 春》釈奠(せきてん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さく‐てん【×奠】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく‐てん【釈×奠】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せきてん【釈奠 shì diàn】
中国,古代の学校において,食物や酒をささげて聖人や先師を祭る祭礼。開学の際と,以後季節ごとに釈奠が行われる。祭祀の対象は,蒼()頡(そうけつ),周公,孔子などのほか,それぞれの学校の先師たちであったが,後世には孔子と弟子たちが中心となる。また春の入学に際し萍蘩(ひようはん)の類をそなえて聖人や先師を祭るのを釈菜(せきさい)(あるいは舎采)という。釈奠には牛やがささげられるのに対し,野菜をささげる釈菜はより軽い礼だとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

釈奠
せきてん

孔子(こうし)の祭り。牛や羊などの犠牲(いけにえ)やいろいろな供物を捧(ささ)げて祀(まつ)る。古代中国では舜(しゅん)、禹(う)、文王などを先聖、高徳の人を先師として祀ったが、漢、魏(ぎ)以後は、周公と孔子、あるいは孔子と顔回(がんかい)を祀るようになり、明(みん)の嘉靖(かせい)(1522~1566)以後、孔子のみ祀ることを釈奠という。1914年(民国3)祀孔(しこう)と改称された。古く学校、山川、廟社(びょうしゃ)で随時行われたが、246年(魏の正始7)春秋の二季とされ、北斉(ほくせい)には春秋二仲(2月・8月)となり、隋(ずい)からは両月の上丁(じょうてい)(初めの丁(ひのと)の日)に固定した。これによって丁祭、上丁祭ともいう。釈奠より軽い祭りとして釈菜(せきさい)(主として野菜の類を供える)、釈幣(せきへい)(幣帛(へいはく)を供える)がある。

[田中 有]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

釈奠
(栃木県足利市)
とちぎのまつり100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さく‐てん【釈奠】
〘名〙
① (「釈」「奠」ともに置く意で、供物をささげ置くこと) 古代中国で、先聖先師の祭の総称。後漢以後は孔子と七十二弟子をまつる大典をいうようになった。
② 日本で、もと大学寮に孔子および十哲の肖像を掛けてまつった儀式。しゃくてん。せきてん。
※有明の別(12C後)二「すぎぬるさくてんには、たれたれかまゐりたりける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃく‐てん【釈奠】
〘名〙 二月および八月の上の丁(ひのと)に大学寮で孔子ならびに十哲の像を掛けてまつった儀式。せきてん。
※春曙抄本枕(10C終)一一七「二月官のつかさに定考といふことをするは、何事にあらん。しゃくてんもいかならん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釈奠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

釈奠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation