@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

里神楽【さとかぐら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

里神楽
さとかぐら
宮廷の御神楽 (みかぐら) に対し,民間で演じられる神楽。平安時代には石清水,賀茂祇園北野大原野春日住吉などの社で宮廷の楽人が奏した神楽をいい,演出は宮中のものとほぼ同じであるが,神楽歌に若干の省略や,独自の様式を加える場合もあった。今日,一般的には全国各地の神社で舞う巫女舞祭礼の神楽を一括して里神楽と称し,また関東地方で出雲流の黙劇による専業神楽師の神楽もこの名で呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さと‐かぐら【里神楽】
宮中の御神楽(みかぐら)に対し、各地の神社や民間で行われる神楽。笛・太鼓・銅拍子などの鳴り物に合わせ、仮面をつけて無言で舞う。神話などに取材したものが多い。 冬》「翌(あす)は又どこの月夜の―/一茶

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さとかぐら【里神楽】
郷神楽とも書く。広義には宮中の御神楽(みかぐら)に対して,民間で行われる伊勢流の神楽(霜月神楽など),出雲流の神楽(佐陀神能(さだしんのう)など),巫女(みこ)神楽,獅子神楽(獅子舞山伏神楽など),祭文・奏楽神楽をいう。とくに巫女舞を指すこともある。狭義には,江戸時代中期以降に江戸に伝承された埼玉県北葛飾郡鷲宮(わしのみや)神社の〈土師(はじ)一流催馬楽神楽〉を流祖とする江戸里神楽を指す。江戸里神楽は東京を中心に関東一円で行われ,仮面をつけ,神話や神社の縁起を黙劇形式で演じ,ひょっとこおかめの滑稽(こつけい)もからむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さとかぐら【里神楽】
宮中の御神楽みかぐらに対して、諸社や民間で行われる神楽。巫女みこ神楽・出雲神楽などの類。
村里のひなびた神楽。笛や太鼓で囃はやし、仮面をかぶり無言で演ずるものが多い。おかぐら。 [季] 冬。 むつかしき拍子も見えず- /曽良 江戸神楽

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

里神楽
さとかぐら
(1)宮中以外の場所で奏される神楽。平安時代には宮廷の楽人が、石清水(いわしみず)、賀茂(かも)、祇園(ぎおん)、春日(かすが)などの諸社において神楽を奏する場合に里神楽と称した。
(2)宮中の神楽に対する諸社の神楽。伊勢(いせ)、気比(けひ)、出雲(いずも)など地方の諸社の神楽を称した。平安・鎌倉時代に里神楽と称したものは、巫女舞(みこまい)であった。1690年(元禄3)成立の『楽家録(がっかろく)』でも諸社の巫女舞を里神楽と称しており、古来、里神楽には諸社の巫女舞が含まれていた。
(3)民間の里神楽。民俗芸能として全国的に行われているが、その様式によって巫女神楽、出雲流神楽、伊勢流神楽、獅子(しし)神楽の4種に分類される。とくに江戸の里神楽と称するのは鄙(ひな)(田舎(いなか))の神楽の意で、出雲流の神楽である。一定の神社に付属せず神事舞を職とした神事舞太夫(たゆう)たちが氏子の求めに応じ、祭礼の神賑(かみにぎ)わいに神楽殿で演じた。「天之岩戸」「天孫降臨」など神話に取材した曲や、能狂言などを神楽化した曲があり、黙劇である点が特色である。[渡辺伸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さと‐かぐら【里神楽】
〘名〙 (「里」は内裏以外の所の意) 宮中の内侍所(ないしどころ)で奏せられる御神楽(みかぐら)に対して諸社や民間で行なう神楽をいう。石清水八幡宮、賀茂、祇園、北野、春日、住吉などで行なわれるものが有名。古くは鼓や銅拍子を打って巫女(みこ)が舞うものであったが、後には笛、太鼓などを用い、面をつけて身振り手振りの演技も行なうようになった。《季・冬》
※長秋詠藻(1178)上「つくづくと寝覚めて聞けばさとかぐら託言(かごと)がましき世にこそありけれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

里神楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

里神楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation