@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重イオン反応【じゅうイオンはんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重イオン反応
じゅうイオンはんのう
heavy ion reaction
重イオン (普通は炭素以上の重い原子のイオンをいう) を入射粒子とする核反応陽子α粒子を入射粒子とする核反応では起らない現象がみられる。たとえば,炭素と炭素との反応では2個の原子核が1種の分子状態を経由して進行する現象,重い原子核に重イオンが吸収されて超重核を生じる現象などがみられる。また重イオンにより,大きな角運動量を標的の原子核に与えることができ,高速回転する原子核や大きく変形した核がつくられる。高エネルギー重イオン反応においてはクォークグルーオンのプラズマ状態の発生が予想され研究が進行中である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅういおんはんのう【重イオン反応】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

重イオン反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重イオン反応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation