@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重光葵【しげみつ まもる】

美術人名辞典

重光葵
外交官・政治家大分県生。は向陽。昭和32年(1957)歿、69才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しげみつ‐まもる【重光葵】
[1887~1957]外交官・政治家。大分の生まれ。外務省に入り、ソ連英国・中国各大使を歴任東条内閣の外相極東国際軍事裁判禁錮7年の判決を受けたが、追放解除後、改進党総裁・鳩山内閣外相となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

重光葵 しげみつ-まもる
1887-1957 大正-昭和時代の外交官,政治家。
明治20年7月29日生まれ。中国公使時代の昭和7年上海爆弾事件で右脚をうしなう。駐英大使などをへて,東条・小磯・東久邇(ひがしくに)内閣の外相。20年首席全権としてミズーリ号上で降伏文書に調印。27年改進党総裁,29年日本民主党結成に参加。鳩山内閣の副総理・外相として,日ソ国交回復,国連加盟を実現した。昭和32年1月26日死去。69歳。大分県出身。東京帝大卒。
【格言など】アメリカはいずれ日本を必要とする(戦犯として拘留されていたときに)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しげみつまもる【重光葵】
1887‐1957(明治20‐昭和32)
外交官,政治家。大分県に生まれ,東京大学卒業後外務省に入り,ベルサイユ講和会議全権随員などを経て,1931年駐華特命全権公使となり,32年上海爆弾事件で片脚を失った。33‐36年広田弘毅外相のもとで事務次官,駐ソ,駐英,駐華各特命全権大使を歴任して,43年東条英機内閣改造により外相に就任した。44年小磯国昭内閣の外相兼大東亜相,45年貴族院議員,敗戦直後の東久邇宮稔彦(なるひこ)内閣の外相となり,政府代表として日本降伏文書に調印した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しげみつまもる【重光葵】
1887~1957 外交官・政治家。大分県生まれ。東大卒。第二次大戦敗戦時に外相となる。政府代表として、日本降伏文書に調印した。のち改進党総裁。日ソ国交回復に尽くした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重光葵
しげみつまもる
[生]1887.7.29. 大分
[没]1957.1.26. 湯河原
外交官,政治家。 1911年東京大学を卒業し,外務省に入る。 32年,中国公使として上海事変の外交処理にあたったが,上海の天長節祝賀会場で朝鮮人尹奉吉に爆弾を投げられ重傷を負い,片脚を切断した。外務次官を経て,駐ソ大使に就任し,38年には張鼓峰事件の外交折衝にあたり,日ソ停戦協定を成立させた。イギリス駐在大使,中国駐在大使を歴任後,43年東条内閣の外相となり,大東亜新政策を掲げ,大東亜会議を開催した。 44年小磯内閣にも留任し,大東亜相を兼ねた。 45年4月に辞職したが,同8月,勅選貴族院議員。終戦とともに東久邇内閣の外相となり,同年9月2日アメリカ軍艦『ミズーリ』号上で日本側首席全権として降伏文書に調印した。 46年A級戦犯容疑で拘束され,禁錮7年の判決を受けた。 50年仮釈放になり,52年公職追放解除ののち改進党総裁に就任したが,翌年の総選挙で改進党がふるわず,吉田茂首班を争い敗れた。 54年,日本民主党副総裁。第1~3次の鳩山内閣外相をつとめた。主著『昭和の動乱』 (1952) ,『外交回想録』 (53) ,『巣鴨日記』 (53) 。伝記に豊田国男他『重光向陽小伝』 (57) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

重光葵
しげみつまもる
(1887―1957)
外交官、政治家。大分県生まれ。1911年(明治44)東京帝国大学法学部卒業後、外務省に入る。パリ講和会議全権委員随員、上海(シャンハイ)総領事などを歴任。1932年(昭和7)中国公使として上海停戦協定交渉中、天長節祝賀式場における反日運動家の投弾により右脚を失った。1933年外務次官となり、ソ連、イギリス、中国の各大使を務める。1943年東条英機(とうじょうひでき)内閣外相、1944年小磯国昭(こいそくにあき)内閣外相兼大東亜相として大東亜会議の開催やソ連を通じての和平工作を図るなど、戦時外交に重要な役割を果たした。敗戦後、東久邇稔彦(ひがしくになるひこ)内閣外相として降伏文書に調印したが、ソ連の要請により極東国際軍事裁判のA級戦犯として逮捕される。1948年(昭和23)禁錮7年の判決を受け、1950年仮釈放となり、1952年追放解除後、政界に復帰し改進党総裁となる。その後、日本民主党、自由民主党副総裁を務める。1954年以降は鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣外相として、国連加盟、日ソ国交回復に尽力した。著書に『昭和の動乱』『巣鴨(すがも)日記』『外交回想録』などがある。[小田部雄次]
『重光葵記念館編・武田知己監修『重光葵外交意見書集』全3巻(2007~2010・現代史料出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しげみつ‐まもる【重光葵】
外交官、政治家。大分県出身。東京帝国大学卒。中国・ソ連・英国の大・公使を歴任。東条内閣の外相、小磯内閣の外相兼大東亜相。終戦時に東久邇内閣の外相として降伏文書に調印。のち、改進党総裁。保守合同で自由民主党に加わり鳩山内閣の外相。日ソ国交回復に努力した。明治二〇~昭和三二年(一八八七‐一九五七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

重光葵
しげみつまもる
1887〜1957
大正・昭和期の外交官・政治家
大分県の生まれ。東大卒。駐華公使在任中,1931年上海で爆弾を投ぜられて負傷し片足を失う。中国・ソ連・イギリス各大使を経て東条英機内閣の外相,小磯国昭・東久邇宮稔彦 (ひがしくにのみやなるひこ) 両内閣の外相・大東亜相を歴任。終戦の際,政府代表として降伏文書に調印した。第二次世界大戦後,A級戦犯として禁錮7年の判決をうけ,'50年仮釈放。'52年日本改進党総裁に迎えられ,その後自由民主党に参加。第1〜3次鳩山一郎内閣の外相として日ソ国交回復,日本の国連加盟を実現した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重光葵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重光葵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation