@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重合熱【ジュウゴウネツ】

化学辞典 第2版

重合熱
ジュウゴウネツ
heat of polymerization

重合反応における反応熱.ビニル化合物では比較的大きな負の値(発熱反応)をもつ.重合体と単量体とのエンタルピー差として与えられるが,主として次の四つ,
(1)単量体と重合体の燃焼熱の差,
(2)重合反応時の発熱量の直接測定,
(3)天井温度付近における重合動力学解析,
(4)天井温度,平衡単量体濃度および重合エントロピーなどの関係,
から求めることができる.重合熱に及ぼす構造上の因子としては,
(1)立体因子
(2)共役効果,
(3)水素結合および溶媒和因子,
などがある.スチレンより2-フェニルプロペンのほうが,アクリル酸メチルよりメタクリル酸メチルのほうが重合熱が小さいのは(1)の効果で,重合体における立体障害が単量体におけるよりも大きいためである.エテンの重合熱に比べ,スチレンが約42 kJ mol-1ブタジエンが約13 kJ mol-1 小さい重合熱を示すのは,単量体の共役安定化による(2)の効果として説明できる.アクリル酸アクリルアミドのベンゼン中での重合熱が,薄いアルコール溶液中での重合熱より13~21 kJ mol-1 小さいのは(3)の効果があることを示している.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重合熱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重合熱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation