@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重合【じゅうごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重合
じゅうごう
polymerization
単量体 (モノマー) 分子が2個以上結合して整数倍の分子量をもつ化合物になる変化を重合といい,二量体,三量体などの低分子重合体を生じる場合と,高分子化合物を生じる場合がある。2種以上の単量体が重合する場合は共重合と呼ばれる。広義には,高分子化合物をつくる反応をいい,そのなかには狭義の重合 (連鎖重合ビニル重合付加重合など) と重縮合 (縮合による高分子生成) が含まれる。スチレンからポリスチレンを合成する反応は付加重合の代表的な例。日本でテトロンというのは,テレフタル酸エチレングリコールを反応させて生成したポリエチレンテレフタラートのことであり,縮合によるものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐ごう〔ヂユウガフ〕【重合】
[名](スル)一種類またはそれ以上の単位物質の分子が、二つ以上化学的に結合して、もとのものより分子量の大きい化合物をつくること。付加重合共重合縮重合など。重合反応

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

重合
 低分子化合物が結合して高分子化合物を生成すること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうごう【重合 polymerization】
小さい分子が互いに多数結合して巨大な分子,すなわち高分子となることを重合という。このとき出発物の小さい分子をモノマーmonomer(単量体),重合の結果生成する高分子をポリマーpolymer(重合体)という。そのポリマーの分子におけるモノマーからの構成単位の数を重合度という。2種類以上のモノマーの間で起こる重合を共重合といい,また重合の逆,すなわちポリマーがモノマーに分解することを解重合という。重合は一般にモノマーの間に共有結合が生じることによって起こり,そのような変化が起こる反応を重合反応という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうごう【重合】
スル
簡単な構造をもつ分子化合物が二分子以上結合して分子量の大きな別の化合物を生成する反応。この時もとの分子化合物を単量体(モノマー)という。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

重合
じゅうごう
polymerization

天然の高分子物質のうちセルロース、ゴムなどや、合成高分子物質のすべては小さい化学的集団の単位(単位化合物)の繰り返しによってできている。この単位化合物を単量体(モノマーmonomer)とよび、この単量体が統計の法則に従って多数個結合して高分子物質をつくっている。このときできあがった高分子を重合体(ポリマーpolymer)といい、また重合体を構成している単量体の数を重合度ともよんでいる。重合とは、この重合体をつくりあげる化学反応を総称している。なお、2種類以上の単量体が重合することを共重合といい、重合体が単量体に分解することを解重合という。

[垣内 弘]

付加重合

付加重合とは、単量体の組成式と構造が繰り返し単位としてそのまま現れて重合体を生成する反応。単量体組成から分子が脱離せずに反応が進行するのでこのようによばれる。このとき重合反応を支配する原動力がラジカル(フリーラジカル、遊離基ともいう)のときラジカル重合とよび、イオンのときはイオン重合である。イオン重合ではカチオン(陽イオン)とアニオン(陰イオン)のいずれかが反応の原動力となり、前者をカチオン重合、後者をアニオン重合とよんでいる。いずれも連鎖反応として進む一般的な重合反応であり、原子の移動を伴わずに、低分子量の単量体から数万という線状の高分子量物質を形成していくきわめて効率のよい反応である。

[垣内 弘]

環化重合

環化重合は環を形成しながら重合する反応で閉環重合ということもある。この反応には、たとえばジビニルアセタールをラジカル重合させて環状構造をもったポリマーをつくる例がある。この環状ポリマーを加水分解すると100%水酸基をもったポリビニルアルコールになる。

[垣内 弘]

開環重合

開環重合は酸素、窒素、硫黄(いおう)などを環中に含んだ環状化合物を開環させて線状ポリマーにする反応である。機構的には大部分がイオン反応である。

[垣内 弘]

水素移動重合

水素移動重合における単量体の組成式は重合体の繰り返し単位と変わらないが、水素原子の移動のおこっているような重合である。水素原子の分子内移動による分子内異性化と連鎖成長反応が交互に進む。カチオン重合およびアニオン重合の特殊な場合として現れる。また、ポリウレタンをつくる反応は水素移動共重合で、重付加ともいわれている。

[垣内 弘]

脱離重合

脱離重合は単量体組成から分子が脱離して重合体になっていく重合例である。また、脱水素重合は比較的酸化を受けやすい単量体を酸化剤とともに加熱して重合体をつくる。酸化剤として酸素、過酸化物あるいは塩化銅(Ⅰ)(塩化第一銅)などが用いられる。脱窒素重合にはジアゾアルカンやジアゾニウム塩の重合例がある。いずれも重合はラジカル的に進行する。

[垣内 弘]

重縮合

重縮合はポリ縮合ともいわれ、他の重合とはやや異なった反応型式をとる。すなわち、2分子間で水が脱離してエステルを生成する反応の繰り返しにより、段階的にゆっくりと大きな分子量のものに成長する。6,6-ナイロンやテトロンの製造がその例である。

[垣内 弘]

付加縮合

付加縮合とは、形式的にフェノール樹脂やユリア樹脂(尿素樹脂)などの生成反応をいう。付加反応と縮合反応を繰り返して成長していく。最後の生成物は三次元の構造をもった網目状に成長している。

[垣内 弘]

『井本立也・李秀逸著『重合反応工学』(1970・日刊工業新聞社)』『三枝武夫ほか編『講座重合反応論』全12巻(1971~1974・化学同人)』『三枝武夫著『化学のレビュー 重合の開始』(1972・至文堂)』『高分子学会編『高分子実験学第4巻 付加重合・開環重合』(1983・共立出版)』『井上賢三著『高分子化学』(1994・朝倉書店)』『高分子学会編『新高分子実験学2 高分子の合成・反応1――付加系高分子の合成』(1995・共立出版)』『井上祥平著『高分子合成化学』(1996・裳華房)』『井上晴夫ほか編、中条善樹著『基礎化学コース 高分子化学1 合成』(1996・丸善)』『化学工業会編『化学工業便覧』改訂6版(1999・丸善)』『蒲池幹治・遠藤剛著『ラジカル重合ハンドブック 基礎から新展開まで』(1999・エヌ・ティー・エス)』『日本化学会編『実験化学講座28 高分子合成』(1999・丸善)』『高分子学会編『ポリマーフロンティア21シリーズ 高分子科学と有機化学とのキャッチボール――新規重合反応および新構造・機能の開発を目指して』(2001・エヌ・ティー・エス)』『遠藤剛・三田文雄著『高分子化学』(2001・化学同人)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かさね‐あわせ ‥あはせ【重合】
〘名〙
① 二つ以上の物を重ねること。
② 板壁や瓦屋根などで、板または瓦の重なっている部分。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かさね‐あわ・せる ‥あはせる【重合】
〘他サ下一〙 かさねあは・す 〘他サ下二〙 二つ以上の物を重ねる。また、対応させる。
※新梅ごよみ(1901)〈永井荷風〉三〇「互に近く顔を寄合って、遂に其頬と頬とを重合(カサネアハ)せた儘」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅう‐ごう ヂュウガフ【重合】
〘名〙 一種類の分子が多数結合して、二分子以上高分子に至るまでの大きい分子化合物を生ずる化学反応。二種以上の場合は共重合といい、付加反応による付加重合、縮合反応による縮合重合などがある。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

重合
ジュウゴウ
polymerization

高分子を生成する反応あるいは現象.もともとは,付加反応によって二つ以上の分子間に結合ができることを意味したが,近年,高分子化学の発展に伴い,高分子を生成する反応を重合反応とよぶのが一般化した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation