@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重唱【ジュウショウ】

デジタル大辞泉

じゅう‐しょう〔ヂユウシヤウ〕【重唱】
[名](スル)二つ以上の声部を、それぞれ一人ずつが担当して歌うこと。二重唱四重唱など。連唱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうしょう【重唱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうしょう【重唱】
スル
各声部をそれぞれ一人の歌手が受け持って歌うこと。また、その音楽。二重唱・四重唱など。連唱。 → 合唱斉唱独唱

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

重唱
じゅうしょう
多くの声部からなる歌曲を、各声部それぞれ1人が受け持ち歌うこと。鍵盤(けんばん)楽器やオーケストラなどの伴奏がつくことが多い。一般に各声部共通の歌詞を歌うが、オラトリオやオペラのように、各声部で配役が決められている場合には、それぞれ違った歌詞を歌う。歴史的には、13世紀の2声のトロープスやコンドゥクトゥスが二重唱とよべる最初の作品である。16世紀のシャンソン、マドリガル、リート、17世紀のグリーの多くは四重唱として書かれた。オペラでは、17世紀初頭のモンテベルディの『オルフェオ』にすでに二重唱が使われ、以後ほとんどのオペラに使われている。19世紀は重唱歌曲が盛んにつくられた時代で、シューベルト、シューマン、メンデルスゾーン、ブラームスには多くの作品がある。
 なお、日本語の各語に該当する英語は次のとおりである。二重唱=デュエットduet、三重唱=トリオtrio、四重唱=カルテットquartet、五重唱=クインテットquintet、六重唱=セステットsextet、七重唱=セプテットseptet、八重唱=オクテットoctet、九重唱=ノーネットnonet。ただし、これらの英語は重奏の意味も合わせ持つため、これと区別するために、たとえばボーカル・カルテットなどとよばれることがある。[石多正男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐しょう ヂュウシャウ【重唱】
〘名〙 声楽で二つ以上の声部を各部それぞれ一人の歌手が受け持って歌うこと。オペラ、オラトリオなどに用いられ、二重唱、四重唱の形式が多い。
※私の詩と真実(1953)〈河上徹太郎〉わが楽歴「抒情的アリア、コーラス、性格的な重唱」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重唱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重唱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation