@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重婚罪【ジュウコンザイ】

デジタル大辞泉

じゅうこん‐ざい〔ヂユウコン‐〕【重婚罪】
配偶者のあるが重ねて婚姻をする罪。刑法第184条が禁じ、2年以下の懲役に処せられる。重婚を持ちかけた者だけでなく、それに応じて姻をした者もこの罪にあたる。
[補説]片方が法律婚であっても、もう一方内縁関係など入籍を伴わない場合、本罪は成立しない。戸籍制度のもと、重婚になる婚姻届は受理されないので、本罪による摘発は、離婚届偽造などを伴う場合以外ほとんどない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

重婚罪
じゅうこんざい

配偶者のある者が重ねて婚姻をする罪であり、2年以下の懲役に処せられる(刑法184条)。その相手方となって婚姻した者も、同様に処罰される。本罪は、今日の一夫一婦制を前提とする健全な家庭生活を保護しようとする目的に反する罪である(重婚の禁止=民法732条)。ただ、わが国は法律婚主義を採用し、届出により婚姻が成立するから、本罪が成立するのは、たとえば離婚届を偽造して婚姻関係を戸籍上抹消したのち、新たに婚姻届を提出して受理されるといった希有(けう)の場合にしか成立しえない。そこで、本罪における「婚姻」は、事実婚で足りるという見解もないではないが、通説・判例とも法律婚説によっている。

[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重婚罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重婚罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation