@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重巡洋艦【じゅうじゅんようかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重巡洋艦
じゅうじゅんようかん
heavy cruiser
1930年のロンドン海軍軍備制限条約では,口径 6.1インチ (155mm) 以上の備砲をもつ排水量1万t以下の軍艦と規定した巡洋艦。旧日本海軍は,このような重巡洋艦を1等巡洋艦と称した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐じゅんようかん〔ヂユウジユンヤウカン〕【重巡洋艦】
大型の巡洋艦。基準排水量1万トン以上、主砲の口径20.3センチ(8インチ)以下のものをいう。旧日本海軍では一等巡洋艦と称した。重巡。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうじゅんようかん【重巡洋艦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうじゅんようかん【重巡洋艦】
大型の巡洋艦。1930年のロンドン軍縮条約の規定で、備砲の口径が15.5~20.3センチメートルのもの。重巡。 → 軽巡洋艦

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐じゅんようかん ヂュウジュンヤウカン【重巡洋艦】
〘名〙 一九三〇年のロンドン海軍軍縮条約で定められた、排水量一万トン以内、主砲の口径一五・五~二〇・三センチメートルの巡洋艦の呼称。重巡。⇔軽巡洋艦
※春の城(1952)〈阿川弘之〉四「重巡洋艦が〈略〉発光信号で頻りに僚艦を呼んでいた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重巡洋艦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重巡洋艦の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation