@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重工業【じゅうこうぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重工業
じゅうこうぎょう
heavy industry
産業構造をとらえる際の概念の一つ。常識的には製造工業を中心に近代工業を2つに大別して,軽工業と重工業としてとらえるところから出発しているが,産業の実体の発展や経済理論の進歩につれてその定義はかなり変化している。通常,重工業という場合は,金属,機械,化学の三大工業部門を中心に資本財生産,投資財生産,あるいは生産財生産に重点をおいた工業領域をさすが,実際的な用語法ではさらに厳密に定義し,「厳格に用いる場合は鉄鋼および石炭工業に限られる」とする見解もある。鉄鋼,金属工業などに機械工業を加えたものを重工業とし,これに化学工業を加えて重化学工業と呼びならわす用語法もある。この場合は重工業の領域としては鉄鋼1次製品,鋳鍛鋼,圧延鋼材,金属2次製品,非鉄金属,産業用一般機械,精密機械,産業用電気機械,民生用軽電機械,自動車,船舶,車両などを中心としている。このような重工業ないし重化学工業という概念で産業をとらえるのは経済発展と産業構造の関係を理論的,政策的に的確に追究するねらいの場合が多いが,国によりまた発展段階により実情が異なるので過度に厳密に理解したり固定的に考察することはできない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐こうぎょう〔ヂユウコウゲフ〕【重工業】
繊維・雑貨・食料品などを生産する軽工業に対して、大規模な生産設備を擁し、主として重量の大きな生産財資本財耐久消費財を生産する工業。鉄鋼業非鉄金属工業・化学工業・機械製造業など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうこうぎょう【重工業】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうこうぎょう【重工業】
鉄鋼・船舶・車両・動力機械など、比較的重量のある生産物や生産設備を生産する工業。 ⇔ 軽工業

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐こうぎょう ヂュウコウゲフ【重工業】
〘名〙 容積・重量の大きな財貨を製造する工業。製鋼業・造船業・車両製造業・動力機械器具製造業の類。⇔軽工業
※ロシアの復活(1924)〈荒畑寒村〉産業的復活「産業全体として見れば、ペトログラードは重工業が最も盛んで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

重工業
じゅうこうぎょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重工業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重工業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation