@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重油脱硫【じゅうゆだつりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重油脱硫
じゅうゆだつりゅう
fuel oil desulfurization
重油中の硫黄分を除去すること。重油中に硫黄化合物が存在すると装置の腐食,硫黄酸化物の発生による大気汚染の原因となる。重油脱硫法は,原料油を高温高圧で触媒を用いて水素と反応させる接触水素化脱硫法が主流となっている。重油の水素化脱硫には,常圧残油を直接脱硫装置にかける直接脱硫と,常圧残油を減圧蒸留して減圧軽油と減圧残油に分けたのち,減圧軽油だけを水素化脱硫して未処理の減圧残油と混合する間接脱硫がある。直接脱硫の脱硫率は約 80%,間接脱硫では約 40%である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重油脱硫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重油脱硫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation