@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重点【ジュウテン】

デジタル大辞泉

じゅう‐てん〔ヂユウ‐〕【重点】
物事のいちばん大切なところ。最も力を注ぐ部分。「語学に重点を置いて勉強する」
踊り字」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうてん【重点】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうてん【重点】
物事の重要な点。最も大切な点。 人柄に-をおいて採用する
作用点に同じ。
踊り字に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅう‐てん ヂュウ‥【重点】
〘名〙
① 同じ文字やことばを繰り返して続けること。また、それを示す記号「」「ゝ」「々」「」など。かさね字。おどり字。ちょうてん。
※蜻蛉(974頃)下「その文の端に、なほなほしき手して、あらず、ここにはここにはとちうてんかちにてかへしたりけん」
② 同じ文字を重ねて熟語を作ること。また、そうして作られた語の類。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
③ 欧文で用いる「コロン」の訳語。
※蘭学階梯(1783)下「〔:〕ドウピュンクタと名く、訳して重点と云ふ」
④ 物事のいちばん重んずべき所。大切にして注意すべき点。
※ながし(1913)〈森鴎外〉「どうも問題の重点(ヂュウテン)が脇へそれて拍子抜がしたやうな感じがして」
⑤ 重心のかかる所。〔改訂増補物理階梯(1876)〕
※歩兵操典(1928)第五七「左手を以て概ね銃の重点(ヂウテン)の所を握り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重点の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation