@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重盛諫言【しげもりかんげん】

精選版 日本国語大辞典

しげもりかんげん【重盛諫言】
[一] 歌舞伎脚本「牡丹平家譚(なとりぐさへいけものがたり)」中の一場。武具で身を固めて院の御所に迫ろうとする清盛を、重盛が、涙ながらにいさめる。新歌舞伎十八番の一つで、重盛役は九代目市川団十郎の当たり役。
[二] 歌舞伎「牡丹平家譚」の通称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

重盛諫言
(通称)
しげもり かんげん
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
牡丹草平家物語 など
初演
明治9.5(東京・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重盛諫言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重盛諫言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation