@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重箱【じゅうばこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重箱
じゅうばこ
料理を盛るためのふたつき容器一種。形式は方形のものと円形のものがあり,また1~5のものなど,多くの種類がある。漆器が多いが,陶磁器製やプラスチック製のものも用いられる。食籠 (じきろう) ,衝重 (ついがさね) から発展したものと考えられ,重は室町時代以降の文献にみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐ばこ〔ヂユウ‐〕【重箱】
料理を詰める箱形のふた付き容器。二重・三重・五重と重ねて用いる。漆塗りが多く、蒔絵(まきえ)を施したものもある。お重。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうばこ【重箱】
食物を種別して盛るための重ね容器。家庭でおもに正月や節供,物見遊山などの際に使用されるが,祝儀,不祝儀,お見舞などの贈答として他家へ料理を配る場合にも用いられる。形式は通常,方形扁平の箱を3重あるいは4重,5重に重ね,最上階の箱に蓋をするが,ときに円形や六角形,八角形につくることもある。大きさはさまざまで一定しないが,6寸(約18cm)から1尺(約30cm)程度までのものが一般的である。陶器製のものなどもあるがほとんどは木製の塗物で,それも内面朱漆外面を黒漆に塗りわけた内朱外黒の無地のものが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうばこ【重箱】
食物を詰めて何段にも重ねられるようになっている四角い木製の箱。漆器が多く、豪華なものは蒔絵まきえ・螺鈿らでんなどをほどこす。重じゆう。お重。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典

じゅうばこ【重箱】
方形の扁平な箱を2段、3段または5段に重ね、一番上の箱にふたをして用いる容器。正月のおせち料理花見や運動会などの行楽などに用いる。漆器が一般的。◇「お重」「重」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

重箱
じゅうばこ
食物容器の一つで、同じ大きさの方形の箱を重ねた容器で、蒔絵(まきえ)などの装飾を施したものが多い。もともと食物の容器には中国渡来の「食籠(じきろう)」というものがあったが、食籠から発達転化して重箱が生まれた。「重箱」の語の初見は室町時代末の『饅頭屋(まんじゅうや)本節用集』で、すなわち少なくともそのころから使用されていたことがわかる。江戸時代の初めころには、宴席での肴(さかな)を盛る器として使われ、またそのまま野外の行楽にも持ち出された。しかし、江戸時代中期から陶磁器の皿や鉢が普及し、また提げ重箱という携帯用の重箱が考案されると、本来の重箱は正月や雛(ひな)祭り、あるいは贈答など、現在と同じ用途に使われるようになった。[森谷尅久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かさね‐ばこ【重箱】
〘名〙 幾つも積み重ねるようにした箱。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅう‐ばこ ヂュウ‥【重箱】
〘名〙
① (「じゅう」は「重」の慣用音) 食物を入れる木製の四角な容器。二重、三重に重ねられるようにしてあり、漆塗りが多く、蒔絵(まきえ)などをほどこした精巧なものもある。ちょうばこ。〔天正本節用集(1590)〕
② 遊里で、芸者や幇間(ほうかん)などが、花代・揚代の二重売りをすること。
※洒落本・虚実柳巷方言(1794)中「揚の日又揚売て二重になるを重箱(ヂウバコ)といふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation