@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重縮合【じゅうしゅくごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重縮合
じゅうしゅくごう
polycondensation
2個以上の官能基をもつ単量体で,水,アルコールなどの簡単な分子脱離を繰返しながら,単量体が次々と結合して重合体を生成する反応縮合重合ともいう。2個の官能基をもつ単量体からは鎖状重合体が得られ,代表的な合成繊維であるポリエステルナイロンがそのである。3個以上の官能基をもつ単量体からは架橋重合体が得られ,合成樹脂塗料などとして用いられている。不飽和ポリエステル樹脂がその例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうしゅくごう【重縮合】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

重縮合
じゅうしゅくごう
polycondensation

低分子物質から高分子物質を生成させる反応には各種あるが、そのなかの一つ。縮合反応の繰り返しで高分子に成長していくのでこのようによばれ、縮重合、縮合重合またはポリ縮合ともいわれる。縮合反応の例としては、酸とアルコールとから水のような低分子を放出してエステルをつくるような反応があり、次のような反応式で表される。


 この反応は可逆反応であり、反応生成物の水を反応系外に取り出すと、反応は右方に進行してエステルを生成する。いま1分子中に2個のカルボキシ基(カルボキシル基)-COOHをもった二官能性の単量体と、アルコール性のヒドロキシ基-OHを2個もった二官能性の単量体とを等モルで反応させ、生成する水を減圧にして取り去っていくと、縮合を繰り返して線状の高分子になるはずである。

 生成方法と反応系の外観から溶液重縮合、溶融重縮合、界面重縮合、固相重縮合に分類される。その反応は段階的に進行する。これが一般の連鎖的に反応が進行するラジカルやイオン線状重合と異なるところで、分子量は反応時間とともに増大していく。また反応させるお互いの官能基のモル比が1対1からわずか1%でも外れると、反応が完結しても重合度(単量体の数)は200ぐらいであるから、強度をもった高分子材料を製造する場合は、モル比の調整と単量体の純度の管理が重要である。

[垣内 弘]

『井上賢三著『高分子化学』(1994・朝倉書店)』『井上祥平著『高分子合成化学』(1996・裳華房)』『井上晴夫ほか編、中条善樹著『基礎化学コース 高分子化学1 合成』(1996・丸善)』『日本化学会編『実験化学講座28 高分子合成』(1999・丸善)』『遠藤剛・三田文雄著『高分子化学』(2001・化学同人)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

重縮合
ジュウシュクゴウ
polycondensation

二官能性以上の単量体間の縮合反応の繰り返しによって高分子化合物が生成する反応.ポリ縮合,縮重合,縮合重合などともいわれている.ジアミンジカルボン酸から,あるいはアミノ酸からの脱水縮合によるポリアミドの生成,ジオールとジカルボン酸から,あるいはオキシ酸からのポリエステルの生成など,非常に多くの例がよく知られている.生成方法から溶融重縮合溶液重縮合界面重縮合,固相重縮合に分類できる.反応は段階的に進行し,分子量は時間とともに増大するが,両官能基のモル比が1:1からずれると,たとえ反応が完結しても重合度は大きくならない.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅう‐しゅくごう〔ヂユウシュクガフ〕【重縮合】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重縮合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重縮合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation