@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重複受精【ちょうふくじゅせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重複受精
ちょうふくじゅせい
double fertilization
被子植物に特有な受精の形式。被子植物胚嚢において,嚢に達した花粉管から流出した雄核の1つは卵細胞合体するが,このとき並行して,他の雄核は胚嚢の極核と合体をする。このように単にが受精するばかりでなく胚嚢極核が同時に合体することを E.シュトラスブルーガーが重複受精と呼び (1900) ,卵核と雄核の合体を生殖受精,極核と雄核の合体を栄養受精とした。多くの植物の場合,発芽の際の栄養分である胚乳形成の基礎になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうふく‐じゅせい【重複受精】
被子植物に特有の受精方法。胚嚢(はいのう)内で2個の精核が、1個は卵細胞と、他の1個は2個の極核に由来する中心核と合体する現象。受精卵は胚に、受精した中心核は胚乳に発達する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうふくじゅせい【重複受精 double fertilization】
〈じゅうふくじゅせい〉とも読む。被子植物に特有の受精様式で,一般に2個の精核のうちの一つが卵核と合体する生殖受精ともう一つの精核が二つの極核と合体する栄養受精とが同時におこることからこの名がある。この現象は1898年にナワシンS.G.Nawaschinがマルタユリで最初に見いだしたもので,裸子植物の受精とは多くの点で異なる。被子植物の配偶体は雄性配偶体である花粉めしべ胚珠に含まれている雌性配偶体(胚囊細胞)からなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

じゅうふくじゅせい【重複受精】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうふくじゅせい【重複受精】
被子植物にみられる受精様式。花粉からもたらされた二個の精核のうち一つは胚囊はいのう中の卵核と、他の一つは二個の極核と合体すること。前者は新個体となり、後者は胚乳となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうふく‐じゅせい【重複受精】
〘名〙 被子植物に特有の受精の方法。胚嚢内で二個の精核が、一個は卵核と、他の一個が極核と別々に合体する現象。重複受精の結果生じた受精卵は胚、極核は胚乳となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重複受精」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重複受精の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation