@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重要美術品【ジュウヨウビジュツヒン】

デジタル大辞泉

じゅうよう‐びじゅつひん〔ヂユウエウ‐〕【重要美術品】
昭和8年(1933)公布の「重要美術品等の保存に関する法律」で認定された準国宝級の美術品。昭和25年(1950)の文化財保護法制定により廃止

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうようびじゅつひん【重要美術品】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

重要美術品
じゅうようびじゅつひん

1933年(昭和8)公布の「重要美術品等ノ保存ニ関スル法律」によって認定された美術品。旧国宝に準ずる価値のものとされていたが、50年(昭和25)の「文化財保護法」の制定とともにその認定の制度は廃止された。しかしこれら名品の海外流出などを防ぐため、先の法律はいまなお有効である。50年当時8237件あったなかから価値の高いものを重要文化財に組み入れる選考が続けられてきたが、まだその指定にあずからないもの(約7000件)が、現在も重要美術品として存続している。

[村重 寧]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうよう‐びじゅつひん ヂュウエウ‥【重要美術品】
〘名〙 昭和八年(一九三三)公布の重要美術品等の保存に関する法律によって、歴史上・芸術上重要な価値があると認定された準国宝級の美術品(絵画・彫刻・建造物・文書・典籍・書跡・刀剣・工芸品など)および考古資料をいう。その輸出、移出には関係各大臣の許可を必要とする。同二五年文化財保護法の制定以後、この名称は廃止されたが、現在も輸出などは禁止されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重要美術品」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重要美術品の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩大恐慌小津安二郎ルロイ伊藤大輔山中貞雄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation