@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重金主義【じゅうきんしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重金主義
じゅうきんしゅぎ
bullionism
重商主義の初期の考え方の一つ。貴金属であるという考え方に基づいて,国富増大のためには個々の国との個別的貿易差額を順にすることが最重要であるとし,為替制限,金銀輸出禁止などの方策を唱えた。重金主義が貴金属を重視した究極的な目的は,国内の初期産業資本の発展に必要な貨幣を国内に確保することにあり,この立場から仲継貿易のために国外に金を流出させる東インド会社などの特権的貿易会社を批判した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅうきん‐しゅぎ〔ヂユウキン‐〕【重金主義】
bullionism》金銀を唯一の富と見なし、金銀貨・金銀地金の輸出を制限・禁止した初期重商主義経済思想。また、それに基づく政策

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅうきんしゅぎ【重金主義 bullionism】
重商主義の最も初期段階に現れた素朴な経済思想および経済諸政策の特色を示す名称として使用される。内容的には,貨幣的富(地金銀)を唯一の富として極度に重要視する点で,他の重商主義思想と区別される。イギリスではすでに14世紀以来,地金銀の輸出禁止,輸出商品の取引地を特定した〈貨物集散市staple town〉の設定,外国商人による輸入商品代金の国外流出防止策として国内商品を強制的に購入させる〈使用条例statutes of employment〉,輸出商品の代金の少なくとも一部を現金で持ち帰らせる〈取引差額制度balance of bargain system〉(取引差額主義は重金主義の別称としても使用される),両替や外国為替取引を直接に統制する〈王立為替取引所royal exchange〉の設立,などによる直接的・個別的貿易統制策が採用されていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅうきんしゅぎ【重金主義】
一国の富は地金・銀の保有量によって決まるとする立場。一六世紀頃ヨーロッパで主張された説で、重商主義の素朴な形態。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

重金主義
じゅうきんしゅぎ
bullionism
16~18世紀にかけてヨーロッパ諸国に支配的であった重商主義のうち、とくに初期の経済思想とそれに基づく政策を重金主義という。重金主義者たちは、国富すなわち地金銀という考えにたち、富を確保するため為替(かわせ)統制など直接的な貿易統制によって個別的貿易差額を順(プラス)ならしめ、また正貨、貴金属の輸出を制限、禁止する政策を主張した。こうした主張はとくにイギリスにおいて行われ、その代表者は17世紀前期のG・マリーンである。各国の君主はこの考えに基づき、地金銀の獲得のため盛んに金・銀鉱を開発し、また植民地の経営に乗り出した。しかしその結果、国内の貨幣価値の下落(物価の騰貴)を引き起こし、国内産業の発達をかえって妨げることになった。そのため重金主義は、輸入を上回る輸出の実現による地金銀の獲得を主眼とする貿易差額主義の重商主義にとってかわられた。[根本久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅうきん‐しゅぎ ヂュウキン‥【重金主義】
〘名〙 (bullionism の訳語) 一七世紀前半の重商主義中の一つの主張で、金銀、貨幣を唯一の富とし、正貨、貴金属の輸出を制限・禁止し、正貨輸入を確保するため個別的貿易差額を順(プラス)ならしめようとした。マニュファクチュア期における毛織物工業(産業資本)の保護育成を目的としている。重金学派。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

重金主義
じゅうきんしゅぎ
bullionism
重商主義の初期の段階の経済政策。➡ 重商主義

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

重金主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重金主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation