@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

重顕【じゅうけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

重顕
じゅうけん
Chong Xian
[生]太平興国5(980)
[没]皇祐4(1052)
中国,宋の雲門宗 (禅宗) の中興。遂寧府の出身。字は隠之。雪竇 (せっちょう) 重顕として知られる。幼少の頃に出家し,最初成都普安院の仁銑に師事したが,のちに智門光祚に師事した。晩年は雪竇山資聖寺に住し,朝廷より明覚大師の号を賜わった。主著に『記録』『雪竇頌古』『祖英集』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうけん【重顕 Chóng xiǎn】
980‐1052
中国,宋代初期の禅僧。雲門宗第5世。明覚大師,雪竇(せつちよう)重顕ともいう。四川の遂州の人。,字は隠之,初め沖顕と名のる。蘇州の翠峯寺,明州の雪竇山資聖寺に化を振るい,《頌古百則》《拈古》《祖英集》《瀑泉集》等の作があり,語録を合わせて七部集という。その詩文は,翰林の才ありと評せられ,《頌古百則》は《碧巌録》の原本となる。修行時代,陰徳をよろこび,人に知れぬように便所掃除にはげんだことから,雪隠の名ができたといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

重顕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

重顕の関連情報

関連キーワード

学校の授業時数授業時間ウラジーミル[大公]レ・ホアン丁朝黎桓黎朝ミリバール神戸女学院オリジナルグッズmmHg

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation