@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

野ばら【のばら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野ばら
のばら
Heidenröslein
民謡的な可憐さをもつゲーテの詩。この詩に F.シューベルトの付曲した有節形式の歌曲 (1815) ,H.ウェルナー作曲による合唱曲 (29出版) ,R.シューマンの作曲による合唱曲 (49) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のばら【野ばら】[作品名]
原題、〈ドイツHeidenröslein
ゲーテの詩。シューベルトやウェルナーをはじめ、多くの作曲家によって曲がつけられている。
シューベルトの歌曲。1815年頃の作曲。に基づく。「魔王」とともに作者10代の頃の傑作として知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

野ばら
日本の唱歌題名。作曲:ウェルナー、訳詞近藤朔風。発表年は1909年。シューベルトの作曲による版もよく知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野ばら
ドイツの作曲家ハインリッヒ・ウェルナーの歌曲(1829)。原題《Das Heidenröslein》。フランツ・シューベルトの同名の歌曲D257(1815)と同じく、ゲーテの原詩に基づく。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野ばら
オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの歌曲D257(1815)。原題《Das Heidenröslein》。ゲーテの原詩に基づく。『魔王』とともに、シューベルト初期の傑作として知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野ばら
のばら
Heidenrslein
シューベルトが1815年、18歳のときに、ゲーテの詩に基づいて作曲した三節からなる愛らしい歌曲(D257)。少年が荒に咲く一輪の赤いバラをみつけ、花を摘もうとする。バラは刺(とげ)で身を守ろうとするが、哀れにも男の子に手折られてしまう。モーツァルトの歌曲で有名な『すみれ』にも似た素朴な内容をもつこの歌詞を、シューベルトは単純な有節歌曲(同じ旋律を繰り返して歌う)として作曲した。なお同じ詩につけられたウェルナーHeinrich Werner(1800―33)の合唱曲(1829)も広く愛唱され、またM・ハウプトマンMoritz Hauptmann(1792―1868)やローベルト・シューマンも民謡風の音楽を作曲している。[三宅幸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野ばら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野ばらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation