@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

野中兼山【のなか けんざん】

美術人名辞典

野中兼山
江戸前期の儒者土佐藩重臣。名は止、は良継、通称を伝右衛門。谷時中に朱子学を学ぶ。二代土佐藩主山内忠義のもとで藩政実権を握り、儒教的理想を政治的実践に結びつけようと努力した。寛文3年(1663)歿、48才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

のなか‐けんざん【野中兼山】
[1615~1664]江戸初期の政治家・儒学者。名は良継。谷時中朱子学を学び、土佐藩家老として藩政の確立尽力新田開発殖産興業土木工事などに功績が大きかったが、中傷により隠退。兼山遺草」「室戸港記」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野中兼山 のなか-けんざん
1615-1664* 江戸時代前期の武士。
元和(げんな)元年生まれ。土佐高知藩士。谷時中(じちゅう)に南学をまなび,寛永8年奉行職となる。用水路の建設と新田開発,長宗我部(ちょうそかべ)氏の遺臣の郷士取り立て,藩境紛争の処理などの藩政を推進したが,領民,重臣の反感をまねき,寛文3年失脚した。寛文3年12月15日死去。49歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は止(し)。字(あざな)は良継。通称は伝右衛門,主計(かずえ)。別号に明夷軒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

のなかけんざん【野中兼山】
1615‐63(元和1‐寛文3)
江戸前期,土佐藩の家老。名は良継,通称伝右衛門,一時主計,伯耆と称する。兼山は号で,最晩年は明夷軒という。父野中良明の母は,藩主山内一豊の妹慈仙院。1631年(寛永8)から32年間奉行職を務め,藩政の確立に努めた。朱子学を導入し山崎闇斎を育成し,儒学思想(南学)による封建教化を図った。一方,物部(ものべ)川,仁淀川等の治水灌漑工事により大規模な新田開発を行い,47‐78年(正保4‐延宝6)の間に7万石の新田が作出された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野中兼山
のなかけんざん
[生]慶長20(1615).1.21. 播磨
[没]寛文3(1663).12.15. 土佐
江戸時代前期の南学派の儒学者,土佐藩の家老。名は止,良継。幼名は佐八郎。通称は伝右衛門。父は野中良明,野中直継の養子となった。谷時中に朱子学を学び,南学の流れを伝えた。家老として土佐藩2代藩主山内忠義に仕え,朱子学を実用に資し,新田を開発し,藩内の産業を奨励し,津呂港の改修,用水路の建設などの土木工事を行い,郷士制度の設立に努めた。その急進性のために同僚の中傷と庶民の反対にあい,致仕,まもなく急死した。著書『室戸港記』 (1661成立) ,『兼山遺草』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野中兼山
のなかけんざん
(1615―1664)

江戸初期の土佐藩の政治家。名は良継(よしつぐ)。伝右衛門、主計(かずえ)、伯耆(ほうき)と称し、号が兼山、明夷軒。慶長(けいちょう)20年6月播磨(はりま)国(兵庫県)姫路に生まれる。父は野中良明(よしあき)、母は秋田万(まん)、祖母は山内一豊(やまうちかずとよ)の妹合(ごう)姫(慈仙(じせん)院)。父良明は1608年(慶長13)国を出て浪人中1618年に死去。兼山は母とともに土佐に帰り、分家の家老野中直継(なおつぐ)の養子となり、直継の娘市(いち)を妻とす。直継は1622年(元和8)奉行(ぶぎょう)職となったが、直継の死後1631年(寛永8)奉行職を命ぜられ強力な藩政を展開した。南学(なんがく)発展のため谷時中(たにじちゅう)を迎え、江戸から朱子学を導入して、山崎闇斎(やまざきあんさい)、小倉三省(おぐらさんせい)とともに研鑽(けんさん)して海南朱子学(南学)を身につけ、実学として政治に取り入れ、封建道徳の実践に努めた。また『朱子語類』『小学』の訳、『室戸港記』『自省録』『兼山遺草』などの著作をなした。火葬を禁じて土葬とし、同姓娶(めと)らずの考えから市は名のみの妻であった。兼山政治最大の功績は用水路を建設して新田を開発したことだが、物部(ものべ)川の山田堰(ぜき)、仁淀(によど)川の八田(はた)堰・鎌田(かまた)堰をはじめ多くの井溝をつくって、香長(かちょう)、吾南(ごなん)、高岡その他の平野を潤した。新田開発には長宗我部(ちょうそがべ)氏遺臣の一領具足(いちりょうぐそく)の子孫を起用して郷士とし、不満を和らげ軍事力強化の一翼を担わせた。そのほか殖産興業、港湾修築に手腕を発揮したが、一面「本山掟(もとやまおきて)」「弘瀬浦(ひろせうら)掟」「国中(くにじゅう)掟」などを発布して領民支配を強化した。また宇和島(うわじま)藩と沖島(おきのしま)(宿毛(すくも)市)・篠山(ささやま)で境界論争を展開したが、争論や開発のため資金を紙、茶、漆などの専売に依存した。領民の夫役(ぶやく)過重と相まって、民衆の間から非難が起こり、孕石頼母(はらみいしたのも)(1628―1701)、深尾出羽(ふかおでわ)ら政敵の弾劾を受け1663年(寛文3)奉行職を罷免され、その新政策はほとんど廃された(寛文(かんぶん)の改替(かいたい))。同年12月15日、領地の香美(かみ)郡山田村の中野(土佐山田町)で急死した。野中家は改易となり遺族は幡多(はた)郡宿毛(すくも)幽閉となる。兼山の墓は潮江(うしおえ)山(高知市)にあるが、娘婉(えん)(1660―1726)の建てたもの。のち五台山に兼山神社が建立される。

[山本 大 2016年6月20日]

『横川末吉著『野中兼山』(1962/新装版・1990・吉川弘文館)』『平尾道雄著『野中兼山と其の時代』(1970・高知県文教協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

野中兼山 (のなかけんざん)
生年月日:1615年1月21日
江戸時代前期の土佐藩士;政治家;儒者
1664年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のなか‐けんざん【野中兼山】
江戸初期の儒者。名は止。字(あざな)は良継。通称伝右衛門。播磨国(兵庫県)姫路生まれ。朱子学を谷時中(たにじちゅう)に学び、また山崎闇斎を谷時中の門下に推し、海南朱子学派の発展に貢献した。一方、土佐藩家老として殖産興業に功があったが、同僚の中傷と庶民の恨みにあい隠退。著に「室戸港記」「自省録」など。元和元~寛文三年(一六一五‐六三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

野中兼山
のなかけんざん
1615〜63
江戸前期の儒学者・政治家
海南学派の谷時中に学んだ。土佐(高知県)藩家老野中直継の養子となり,のち家老として27年間在任。新田開発,河川港湾の整備,茶・紙・の専売など殖産興業政策を行った。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野中兼山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野中兼山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation