@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

野口兼資【のぐちかねすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野口兼資
のぐちかねすけ
[生]1879.11.7. 東京
[没]1953.10.4. 福岡
能楽師,宝生流シテ方。野口家は名古屋の宝生流の旧家祖父野口庄兵衛に養われ,7歳で初舞台を踏み,14歳以降,16世宝生九郎弟子となり,その薫陶を受けた。難声ながら強靭で気品のある芸風は幽玄で,本三番目物にすぐれ,名人の名をほしいままにした。 1950年日本芸術院会員。福岡市住吉楽堂で『隅田川』演能中に脳溢血急逝著書に『黒門町芸話』 (1943) ,『兼資芸談』 (53) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のぐち‐かねすけ【野口兼資】
[1879~1953]能楽師。シテ方宝生流。愛知の生まれ。16世宝生九郎(知栄)の高弟。幽玄な芸風で、松本長(まつもとながし)と並ぶ名人といわれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野口兼資 のぐち-かねすけ
1879-1953 明治-昭和時代の能楽師シテ方。
明治12年11月7日生まれ。宝生(ほうしょう)流。16代宝生九郎に師事,演技をたかく評価され,松本長(ながし)とならんで流派双璧(そうへき)と称された。昭和23年「姨捨(おばすて)」で芸術院賞。昭和28年10月4日福岡市の舞台で急死。73歳。愛知県出身。本名は政吉。著作に「黒門町芸話」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

のぐちかねすけ【野口兼資】
1879‐1953(明治12‐昭和28)
能楽師,宝生流シテ方。本名は政吉。1931年兼資と改名。宝生流の名家野口庄兵衛の孫。祖父にを,松本金太郎に型を学び,1892年16世宗家宝生九郎に入門,40歳代まできびしい稽古(けいこ)を受けた。芸風は幽玄無上というべきもので,相弟子の松本長(ながし)とともに宝生流の両名人といわれた。1947年《姨捨(おばすて)》を演じて芸術院賞を受け,50年日本芸術院会員となる。非常な難声であったが,強靱な力と気品に満ちた演技で高い評価を得,流内外を問わず師表と仰がれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のぐちかねすけ【野口兼資】
1879~1953 能楽師。シテ方宝生流。名古屋生まれ。一六世宝生九郎(知栄)の高弟で、同門の松本長ながしと並び称せられた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野口兼資
のぐちかねすけ
(1879―1953)
能役者。宝生(ほうしょう)流シテ方。本名政吉(まさきち)。名古屋に生まれる。祖父野口庄兵衛(しょうべえ)と、明治の三名人の1人16世宝生九郎に師事し、松本長(ながし)と双璧(そうへき)とうたわれた。気合の喜多六平太(きたろっぺいた)、位の野口兼資ともいわれ、難声であったが、そのリズム感のみごとさ、能における存在感の卓越は、他流の観世寿夫(かんぜひさお)に至る多くの後継者に大きな影響を与えた。世阿弥(ぜあみ)の主張した幽玄の芸位を極めた至高の名人。1950年(昭和25)芸術院会員。『隅田川』の演能中、福岡の舞台で急逝。著書に『黒門町芸話』(1943)、『兼資芸話』(1953)がある。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のぐち‐かねすけ【野口兼資】
能楽シテ方。宝生流。名古屋出身。悪声であったが、幽玄な芸で本三番目物を得意とした。同門の松本長(まつもとながし)とともに宝生流の二星と称された。明治一二~昭和二八年(一八七九‐一九五三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野口兼資」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野口兼資の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧平成の大合併劉邦高祖劉邦馬王堆漢墓白金劉 邦ボアボードラン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation