@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

野良犬【ノライヌ】

デジタル大辞泉

のら‐いぬ【野良犬】
飼い主のいない。宿なし犬。やけん。のいぬ。
[補説]「野良犬」は飼い主がなく、人家の周りをうろついて残飯などを食って生きる犬。一方「野犬(やけん)」は人から離れて山野に住み着き、鳥獣を捕食する野生化した犬をいうのが一般的だが、この違いは曖昧である。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

野良犬〔1973年〕
1973年公開の日本映画。1949年公開の同名作品のリメイク監督森崎東(森崎の「崎」は正確には「たつさき」)、原作黒澤明菊島隆三脚本:一色爆。出演:渡哲也芦田伸介松坂慶子赤木春恵、中島真智子、志垣太郎、上原守次ほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野良犬〔1949年〕
1949年公開の日本映画。監督・原作:黒澤明、脚色:菊島隆三、撮影:中井朝一美術松山崇、音楽:早坂文雄。出演:三船敏郎志村喬、清水元、永田靖河村黎吉、井田綾子、三好栄子ほか。第4回毎日映画コンクール撮影賞、美術賞、音楽賞、男優演技賞(志村喬)受賞

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のらいぬ【野良犬】
飼い主がなく、戸外をうろつく犬。宿なし犬。野犬やけん

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のら‐いぬ【野良犬】
〘名〙 野原などに捨てられた犬。飼い主のない犬。宿なし犬。野犬。
※俳諧・両吟一日千句(1679)第二「寝ぬに目覚すのら犬の〈友雪〉 俳諧師ひとり淋しき戻りあし〈西鶴〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野良犬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野良犬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation