@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

野辺送り【のべおくり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野辺送り
のべおくり
遺骸を埋葬地または火葬場まで運び送ること。現在では,これを職業とするものを利用することが多くなったが,もともとは葬式のうちの最も重要な儀礼の一つであった。葬列は,を中心に前後に位牌,天蓋,供え,水などを持った近親者が続き,先頭には松明 (たいまつ) を掲げた者が立つ。松明は魔払い,清めなどの意味をもつもので,このほか棺になどの刃物をつけたり,途中,米や路傍の人々にまいたりするのも同様の意味からである。また遺骸死穢をもつものとする考えから,天蓋によって天日からさえぎり,神社の前など神聖とされる地は避けて通ることが多い。列は出立ちから墓地へ到着する間,わざわざ回り道をしたり,ぐるぐる回りをしたりするが,これは死霊が迷い戻らないための呪法と説明されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のべ‐おくり【野辺送り】
死者を火葬場または埋葬地まで見送ること。また、その行列や葬式。野辺の送り野送り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

野辺送り
死体を火葬場や埋葬場所まで、葬列を組んで見送る風習のこと。今日では、親族や関係者がバスなどに乗り、霊柩車に従って火葬場へ行くことにあたります。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

のべおくり【野辺送り】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

のべおくり【野辺送り】
なきがらを火葬場や埋葬地まで見送ること。葬送。とむらい。野辺の送り。野辺。野送り。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野辺送り
のべおくり
葬列のこと。土葬では喪家から墓場まで、火葬では焼き場まで、遺体を運ぶための行列をいう。転じて葬式全般をいうこともある。葬列の順序は、地方により、また家族構成によって一定しないが、柩(ひつぎ)の近くにつくことの多い位牌(いはい)(相続人)、お膳(ぜん)(相続人の妻)、天蓋(てんがい)(娘婿(むすめむこ))、杖(つえ)(孫)、香炉(子や孫)などは近親者が持ち、その前後につくことの多い幡(はた)、松明(たいまつ)、高灯籠(たかどうろう)などは葬式組の人たちが持つ。霊柩車(れいきゅうしゃ)を利用するような近代的な葬儀の場合は、位牌と遺影(写真)だけで、葬列を組まない。[井之口章次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野辺送り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野辺送りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation