@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

野郎歌舞伎【やろうかぶき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野郎歌舞伎
やろうかぶき
若衆歌舞伎が禁じられた翌年の承応2 (1653) 年,若前髪を剃り落して野郎頭とし,「物真似狂言尽し」をもっぱらに演じる名目で許された歌舞伎をさす。これ以後,寛文年間 (61~73) 頃までを野郎歌舞伎時代という。容色本位の歌舞中心であった歌舞伎が狂言化し,ようやく演劇としての形を整えてきた時期である。女方が成立し,茶屋遊び (遊里通い) を主とした風俗描写劇や,能,狂言,浄瑠璃などから材を得た芝居を中心に,物まね,弁舌術などが演じられ,元禄歌舞伎の基礎を築いた。小舞拍子舞などの舞踊脈も豊かになり,引き幕も考案され,続き狂言 (多幕物) も発生した。女方のといわれる右近源左衛門や玉川千之丞などが人気があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やろう‐かぶき〔ヤラウ‐〕【野郎歌舞伎】
初期歌舞伎形態の一。承応元年(1652)若衆歌舞伎が禁止されたあと、前髪をそった野郎頭役者によって演じられた歌舞伎。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やろうかぶき【野郎歌舞伎】
若衆歌舞伎の禁令以後,前髪を剃って,野郎頭(やろうあたま)となった男たちの歌舞伎,という意味で,1652年(承応1)ころから,いわゆる元禄歌舞伎時代まで二十数年間をふつうに野郎歌舞伎時代と呼ぶ。若衆歌舞伎の少年の前髪を剃り落とされたので,以後は成人男子の役者による,〈物真似狂言尽(ものまねきようげんづくし)〉として歌舞伎の再興を願い出て,許可されたと伝えるが,その事情も時期も,江戸と京坂では違いがあるようで,正確なところはまだ明らかにされていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やろうかぶき【野郎歌舞伎】
初期歌舞伎の一。若衆歌舞伎が、風俗を乱すとして禁止されたあと起こった形態。野郎頭の役者によって演じられたことによる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

野郎歌舞伎
やろうかぶき
初期歌舞伎における一時期の名称。1652年(承応1)に、風俗が乱れるとの理由で若衆(わかしゅ)歌舞伎が禁止されるが、役者の前髪を剃(そ)り落として野郎頭にすることと、「物真似(ものまね)狂言尽し」を演ずることを条件として、翌年再開を許された。これ以後、元禄(げんろく)時代(1688~1704)に入る前までを野郎歌舞伎(時代)とよぶ。すなわち、容色を売る若衆の扇情的な舞や踊ではなく、野郎が演ずる物真似芝居だという意味の命名であった。1661~87年(寛文1~貞享4)のころを全盛期とする。この時期は、歌舞伎が本格的な演劇としての道を歩き始める重要なときにあたり、内容は飛躍的な進歩を示した。女方(おんながた)の基礎がつくられたほか、各種の役柄が形成され、「傾城買事(けいせいかいごと)」「やつし事」「荒事(あらごと)」「意見事」というように「事」とよんだ多くの演技パターンがつくりだされ、演技術が著しく進歩した。舞台に大道具を飾り、二番続き、三番続きといった「続き狂言」を上演し、やがて引幕(ひきまく)も使用するようになった。一方、「役者評判記」が出版され、俳優の技芸の批評が行われるようになるなど、あらゆる面で、次なる元禄年間の第一次完成期を準備した時代といってよい。[服部幸雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やろう‐かぶき ヤラウ‥【野郎歌舞伎】
〘名〙 初期歌舞伎芝居の一形態。女歌舞伎、若衆歌舞伎が風俗を乱すとして禁止された後、若衆姿の前髪を剃った野郎あたまの役者が演じた歌舞伎。
※評判記・赤烏帽子(1663)後序「万治四年之春、於洛陽彌郎衡(ヤロウカブキ)甚盛之間、京中之貴賤忘其身奢移超過矣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

野郎歌舞伎
やろうかぶき
江戸前期,若衆歌舞伎から代わった歌舞伎
1652年若衆歌舞伎が禁止されたが,嘆願により,前髪を切った野郎頭(成人の髪型)を条件に翌年許可された。以後元禄(1688〜1704)の隆盛までの約30年間を一般に野郎歌舞伎の時代という。役者の容色中心から演技本位となり,また女形 (おやま) も発生した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野郎歌舞伎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野郎歌舞伎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation