@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

野間清治【のませいじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

野間清治
のませいじ
[生]1878.12.17. 群馬
[没]1938.10.16. 東京
講談社創立者。 1900年群馬県立師範学校を卒業,2年間小学校の教師をしてから,東京大学臨時教員養成所に入学。 04年に卒業して,沖縄県に行き,中学教師と視学をつとめた。 07年上京して東京大学法学部の事務官となり,法学部の緑会弁論部での弁論を出版する目的で,09年大日本雄弁会を創立。翌年最初の雑誌『雄弁』を創刊。 11年講談社を創立して,『講談倶楽部』を創刊。その後は『少年倶楽部』『面白倶楽部』『現代』『婦人倶楽部』『少女倶楽部』を次々に創刊。 24年 12月には『キング』を創刊し,その創刊号 (1月号) は 74万部売れた。「おもしろくて,ためになる」という編集方針が大衆に支持されたためで,翌年1月号は 150万部売れ,最初のミリオン・セラーの雑誌になった。 30年には報知新聞社の社長となり,キングレコードの経営にもあたった。『世間雑話』 (1935) など著書もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のま‐せいじ〔‐セイヂ〕【野間清治】
[1878~1938]出版人。群馬の生まれ。教員を経て、明治42年(1909)大日本雄弁会を設立し、次いで講談社を設立。「キング」「講談倶楽部」「少年倶楽部」「婦人倶楽部」などの大衆雑誌書籍を発行した。著作に「私の半生」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

野間清治 のま-せいじ
1878-1938 大正-昭和時代前期の出版経営者。
明治11年12月17日生まれ。40年東京帝大首席書記となる。42年大日本雄弁会を創立,翌年雑誌「雄弁」を創刊。44年講談社を設立して「講談倶楽部(クラブ)」を創刊,以後「少年倶楽部」「キング」などを創刊し,9雑誌を発行した。昭和5年報知新聞社長。昭和13年10月16日死去。61歳。群馬県出身。東京帝大臨時教員養成所卒。著作に「体験を語る」「私の半生」など。
【格言など】利益は顧客の感謝から寄与されるものである。神様より下し賜る賞与である

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

のませいじ【野間清治】
1878‐1938(明治11‐昭和13)
講談社の創業者。群馬県桐生に生まれる。両親武家の出で維新後は武術を興行して回り,桐生に落ち着き教職を得た。高等小学校,県立尋常師範学校を経て小学校教員となる。その後東京帝大文科大学臨時教員養成所に入り,中等教員の資格を得て沖縄に赴任衆望を得て県視学に昇進したが,1907年東京帝大法科大学の首席書記に迎えられ上京。09年大日本雄弁会を設立し,翌年《雄弁》を創刊,11年には講談社を起こして《講談俱楽部》を創刊し,後25年に両者を合体して大日本雄弁会講談社とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

野間清治
のませいじ
(1878―1938)

大正・昭和期の出版経営者。明治11年12月17日群馬県桐生(きりゅう)生まれ。東京帝国大学臨時教員養成所卒業。沖縄の中学校教員を経て、東京帝大法科事務員となる。大学内の弁論熱に注目し、弁論を活字化し刊行することを思い付く。1909年(明治42)大日本雄弁会を設立、翌1910年雑誌『雄弁』を創刊。1911年講談社を設立し『講談倶楽部(くらぶ)』を発刊、成功を収めた。以後、『少年倶楽部』(1914)、『面白倶楽部』(1916)、『現代』『婦人倶楽部』(1920)、『少女倶楽部』(1923)、『キング』(1925)、『幼年倶楽部』(1926)などを次々と発刊。『キング』創刊を機に講談社と大日本雄弁会を合併し、大日本雄弁会講談社とした。同社の雑誌だけで1930年代日本全体の雑誌発行部数の約7割を占めるまでに至り、「講談社文化」ともいわれる独特の大衆的文化をつくりあげた。昭和13年10月16日死去。

[有山輝雄]

『辻平一著『人間野間清治』(1960・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

のま‐せいじ【野間清治】
出版事業家。群馬県出身。明治四二年(一九〇九)、大日本雄弁会(講談社の前身)を設立。「雄弁」「講談倶楽部」「キング」「婦人倶楽部」「少年倶楽部」などの雑誌を次々と発刊。明治一一~昭和一三年(一八七八‐一九三八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野間清治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

野間清治の関連情報

関連キーワード

チャイコフスキーおもなお雇い外国人エジソン(アメリカの発明家)東京(都)エアトン残存主権自由民権メンデンホール洋務運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation