@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

量子収量【りょうししゅうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

量子収量
りょうししゅうりょう
quantum yield
光を吸収して化学反応が起るとき,吸収された光量子 (そのエネルギーhν ,h はプランク定数,νは振動数) の数に対する実際の光化学反応を起した分子数の割合。また光電子放出やケイ光現象において吸収された光量子数に対して実際にその現象を起した電子や光量子数の割合も量子収量と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうししゅうりょう【量子収量 quantum yield】
光吸収や化学反応素過程のような数えられる現象の数nに対して,その結果ひき起こされた現象の数mとの比Φ=m/nをいう。量子収率ともいう。たとえば,(1)光電子放出,蛍光,リン光などにおいて,有効に働いて起こった電子の放出や発光などの現象で,吸収された光子数の比,(2)光化学反応において吸収された光子数nに対する,光化学初期過程(光分解,励起分子と他の分子との反応など)や光化学後続過程(初期過程によって生じた原子,遊離基などによる後続反応)の起こった数mの比,また(3)化学ルミネセンスにおいて,化学反応素過程数nに対する発光した光子数mをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

量子収量
リョウシシュウリョウ
quantum yield

量子収率または量子効率ともいう.系に吸収された光量子1個当たりに生じた化学変化数,すなわち消滅した分子数,または生成した分子数をいう.光量子を吸収した分子が,つねに一つの反応を完結すれば量子収量は1になる.連鎖反応が含まれていれば量子収量は1以上になる.たとえば,

の場合,HCl生成の量子収量は 105 にも達する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量子収量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

量子収量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation