@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

量子液体【りょうしえきたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

量子液体
りょうしえきたい
quantum liquid
量子効果が顕著に現れている液体。質量が小さい粒子の系では,零点運動のエネルギーが大きく,粒子間相互作用のエネルギーと同程度になり,絶対零度においても液体のままのことがある。その場合には量子統計の効果が現れる。たとえば,ボース統計に従うものに液体ヘリウム4がある。またレーザー光で巨視的な数だけつくられたエキシトン (電子と正孔の対) の量子液体の可能性が論じられている。同様にフェルミオンでは,液体ヘリウム3がある。また低温高密度の天体 (中性子星など) の内部では,その大きな重力のために強く圧縮された中性子や陽子が量子液体になっていると考えられている。さらに 1995年以後ルビジウムやナトリウムなどのアルカリ原子の希薄気体ボース=アインシュタイン凝縮が実現されて,ボソンの量子液体の研究が加速している。 (→フェルミ液体 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょうし‐えきたい〔リヤウシ‐〕【量子液体】
量子効果が顕著に現れる液体。超流動が見られる液体ヘリウムをはじめ、ボースアインシュタイン統計フェルミディラック統計に従う粒子からなる液体、または液体と見なせる粒子系を指す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうしえきたい【量子液体 quantum liquid】
物質を十分低い温度まで冷やすと固体になるのがふつうであるが,なかには絶対0度(0K)まで冷やしても液体のままでいる物質がある。この種の不凍液を量子液体と呼ぶ。0Kまで固体にならない理由を物質中の原子または分子の運動によって説明しようとすると,どうしても量子力学の助けが必要となるからである。代表的な実例としては液体ヘリウムがある。ヘリウム(質量数4の同位体)は,1atmのもと,4Kで気体から液体になるが,液化したヘリウムをさらにいくら冷やしても固体にはならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

量子液体
りょうしえきたい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

量子液体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

量子液体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation