@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金めっき【きんめっき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

金めっき
きんめっき
金属材料の表面に薄い金の層を付着させること、また付着させたものをいう。従来装飾に用いられてきたが、耐食性がきわめて高く、電気抵抗が小さく、はんだ付け性がよい、などの優れた特性により、最近では電気接点、コネクター、プリント基板などとして、高い信頼性を必要とする電子部品に適用されている。電気めっき浴としては、金シアン錯塩と遊離シアン化アルカリとからなるシアンアルカリ浴、リン酸塩あるいはキレート剤などの中性緩衝溶液に金シアン錯塩を添加した中性浴、カルボン酸などの有機酸およびそのアルカリ金属塩からなる弱酸性緩衝溶液に金シアン錯塩を添加した酸性浴などがある。このうち酸性浴は、高電流密度電解が可能で厚めっきが得られることと、めっき層が平滑かつ緻密(ちみつ)でピンホール(針の先で突いたような孔(あな))がほとんどなく耐食性がよいことから工業用めっき浴として広く用いられている。めっき層の耐摩耗性を改善するために金‐ニッケル合金などの金合金めっきも行われている。[杉本克久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金めっき」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金めっきの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation