@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金光教【こんこうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金光教
こんこうきょう
幕末期に創唱された民衆宗教で,教派神道 13派の一つ。赤沢文治が 42歳のとき大病を患い,その快癒とともに天地金乃神への信仰に目ざめ,安政6 (1859) 年神の思いを人に伝える「取次 (とりつぎ) 」に専念したことが始まり。赤沢の死後,明治 33 (1900) 年に金光教として独立。元来たたりの神であった金神を天地の祖神,愛の神としてとらえ,心からの祈りによって救済 (現世利益) が与えられると説いた。本部は岡山県浅口市。公称信徒数約 43万人 (2000) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんこう‐きょう〔コンクワウケウ〕【金光教】
教派神道十三派の一。安政年間(1854~1860)、赤沢文治が創始。天地金乃神を主神とし、神と人との間を仲介する取次(とりつぎ)という独特の布教を行う。明治33年(1900)一派独立。本部は、岡山県浅口(あさくち)市にある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんこうきょう【金光教】
教派神道の一派。1859年(安政6)10月21日に金光大神(川手文治郎)が〈立教神伝〉によって開教したもので,1900年6月に政府から独立を公認された。金光大神が説く天地金乃神は,祟り神としての金神ではなく,大地の神,愛の神であり,天地の祖神,日本さらに世界の総氏神とされる最高神的な救済神としての性格をおびている。こうした神観は,信心深く誠実勤勉に生きた農民文治郎が必死に対決した祟り神である金神こそ大祖神,救済者であるとみなすことで,天地金乃神に出会ったことによる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こんこうきょう【金光教】
神道十三派の一。1859年、岡山県の農民川手文治郎が開教。祟り神であった金神を、民衆を救済する総氏神とみなして、主神、天地金乃神てんちかねのかみとしてまつる。明治10年代に全国的に教勢を拡大し、1900年(明治33)に一派として独立。本部は岡山県浅口市金光町。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金光教
こんこうきょう
習合神道系新宗教。1859年(安政6)備中(びっちゅう)国(岡山県)の農民教祖金光大神(こんこうだいじん)(俗名は赤沢文治(ぶんじ))が創唱。その教義は、習合神道という広大・雑多な民間信仰の伝統を背景にしているが、それは金光の得た宗教体験――民間で祟(たた)りの神と恐れられていた金神(こんじん)が、「信心の徳」によって「愛の神、恵みの神」、すなわち天地金乃神(てんちかねのかみ)として立ち現れたという――によって昇華・純化され、乗り越えられた。金神の日柄・方位をはじめ、幕末維新の日本の社会のもろもろの禁忌(タブー)や呪術(じゅじゅつ)宗教的信仰儀礼、また人間中心主義の文明にとらわれた人間のあり方を、神への「無礼」として拒み、さまざまの価値を転倒し、個人化・内面化して新しい宗教的統合をもたらした。そして、国家社会を越え、聖と俗、此岸(しがん)と彼岸(ひがん)の境界を越え、天地に遍満する親神、天地金乃神が与える「おかげ」を「受ける」こと、「天地の道理」に基づく実践、「人が人を助ける所」すなわち「神国」の建設を説き、人がみな等しく神の子であり、心の内なる神を実現して生神になることを説いた。
 幕末には、岡山藩や山伏(やまぶし)の圧迫を受け、天領笠岡(かさおか)では斎藤重右衛門(1823―1895)が投獄され、明治には布教差止めや警察の監視下に置かれるなどした。しかし、金光はそのような緊張下に『天地書附』を中心とする独自の教義を結実させ、1874年(明治7)には、世界の難儀の救済のため神から差し向けられた存在としての宗教的自叙伝『金光大神御覚書(おぼえがき)』を執筆した。教勢は幕末・明治初年に農・商工民の講社を中心に山陽、山陰、四国に、1875年に大阪、さらに京都、東京に展開した。金光は非公認のまま布教を続けたが、その死後佐藤範雄(1856―1942)らは公認運動を展開、1885年に神道本局所属教会となり、1900年(明治33)には教派神道の一派として独立し、国家神道の体制下で朝鮮、中国、北米などに布教した。第二次世界大戦後は、教祖回帰の改革運動が起こり、全面的に改革運動が続けられている。現行の教典は『金光大神御覚書』『お知らせ事覚帳』ならびに『理解』によっている。本部は岡山県浅口(あさくち)市。教会数1520、布教所数6、教師数3781、信者数43万0026(『宗教年鑑』平成26年版)。[荒木美智雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんこう‐きょう コンクヮウケウ【金光教】
〘名〙 民衆宗教の一つ。天地金乃神を主神にまつり、神と人を結ぶ取次(とりつぎ)によって神・人共栄の世界を顕現することを宗旨とする。本部は岡山県浅口郡金光町にある。安政六年(一八五九)、備中の農民赤沢文治(のち金光大神)が神言を聞いて創始したもので、市民や農民間に発展し、維新後、弾圧をうけたが、明治三三年(一九〇〇)に神道本局の傘下から脱し、教団として独立した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

金光教
こんこうきょう
幕末の神道系新興宗教の一派
1859年備中国(岡山県)の農民川手文治郎が神宣をうけ立教。迷信・守護札などを否定し,徳行をつめば「天地金乃神 (てんちかねのかみ) 」のに浴することができるとし,農民・商人間に広まった。1900年教派神道の一派として公認された。現在,本部は岡山県金光町にある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金光教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金光教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation