@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金光明経【こんこうみょうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金光明経
こんこうみょうきょう
Suvarṇaprabhāsottama-sūtra
仏教経典漢訳には北涼曇無讖訳『金光明』 (4巻) と,隋の宝貴らの『合部金光明経』 (8巻) ,義浄の『金光明最勝王経』 (10巻) などがある。この経典を誦する国は,四天王に守られ繁栄するとあるところから,鎮護国家のための経典として重んじられている。日本でも,奈良時代に,国分寺四天王寺が建てられて,大きな影響を受けた。梵本は泉芳景とマールブルク大学ノーベルテキストを刊行している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんこうみょうきょう〔コンクワウミヤウキヤウ〕【金光明経】
大乗経典。唐の義浄訳「金光明最勝王経」10巻のほかに、曇無讖(どんむせん)訳「金光明経」4巻、宝貴(ほうき)訳「合部金光明経」8巻などがある。最勝会はこの経による法会。鎮護国家の三部経の一。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

金光明経
 この経を読む国王がいたら、その国とは四天王[してんのう]などによって救われるという教えです。国をまもる経典[きょうてん]として大事にされていました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんこうみょうきょう【金光明経】
大乗仏教経典の一つ。サンスクリット名スバルナ・プラバーサSuvarṇaprabhāsa(黄金の輝き)。サンスクリット本,チベット訳,漢訳のほか,ウイグル語,満州語,蒙古語などに訳され,東アジアに広く普及したことが知られる。漢訳は5種あったが,現存するのは,曇無讖(どんむしん)訳《金光明経》4巻(5世紀初め),宝貴らが従来の諸訳を合糅(ごうじゆう)した《合部金光明経》7巻(597),義浄訳《金光明最勝王経》10巻(703)の3種で,後世重視されたのは義浄訳である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

金光明経
こんこうみょうきょう

仏教経典。4世紀ごろおそらく北インドで成立したとみられる中期大乗経典。原名をスバルナプラブハーサ・ウタマ・インドララージャSuvara-prabhāsa-uttama-indra-rāja(『金光明最勝帝王(さいしょうていおう)』)という。三訳の漢訳が現存する。『金光明経』は北涼の曇無讖(どんむしん)の訳になり、原典を略して4巻としたもの。『金光明最勝王経』は唐の義浄(ぎじょう)訳で、原典を直訳して10巻としたもの。ほかに隋(ずい)代に8巻に編集された『合部(ごうぶ)金光明経』である。チベット訳も3種あり、原典、ウイグル訳、モンゴル訳のテキストが現存し、本経の広い分布がみられる。本経は空(くう)、懺悔(さんげ)の思想を中心とし、四天王(してんのう)、吉祥天(きちじょうてん)、地居天(じごてん)などの仏法守護や、国家鎮護の信仰を配した幅広い、物語性に富む経典である。わが国では国分寺(金光明四天王護国之寺の略)の所依(しょえ)経典であり、最勝会(さいしょうえ)、金光明懺法(せんぼう)、放生会(ほうじょうえ)などの根拠となった。ネパールでは「九大法宝」中の一経典であり、モンゴルでは毘沙門(びしゃもん)信仰の根拠となった。のち『法華経(ほけきょう)』に首座を譲った。

[金岡秀友]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こんこうみょう‐きょう コンクヮウミャウキャウ【金光明経】
[一] (Suvarṇa-prabhāsa の訳語) 仏教の経典の一つ。この経を信受するところには、諸仏菩薩・諸天善神の加護を得ると説く経典。北涼曇無讖訳、四巻。また、隋の宝貴訳の合部金光明経(八巻)のことにもいう。古く護国経典として読誦されたが、奈良中期以降異訳の金光明最勝王経がこれにかわって用いられるようになった。
※書紀(720)天武五年一一月(北野本南北朝期訓)「使を四方の国に遣して金光明経(コンクヮウミャウキャウ)仁王経(にんわうきゃう)を説かしむ」
[二] 金光明最勝王経(一〇巻)の略称。ただし一般には「最勝王経」と略称する。
※続日本紀‐神亀五年(728)一二月己丑「金光明経六十四帙六百四十巻頒於諸国。国別十巻」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金光明経」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金光明経の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation