@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金冠【キンカン】

デジタル大辞泉

きん‐かん〔‐クワン〕【金冠】
黄金製のかんむり。また、黄金で飾ったかんむり。
虫歯を治療したあと、歯にかぶせる金製の覆い。こんかん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐かん〔‐クワン〕【金冠】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐かん ‥クヮン【金冠】
〘名〙
① 金でできた冠。また、金で飾ってある冠。金の冠。
※日葡辞書(1603‐04)「Qinquan(キンクヮン)。コガネノ カムリ」
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「真中に惟高、金冠に白衣、皇子の拵、笏を持ちて」 〔宋史‐天竺国伝〕
② 虫歯を治療したあと歯にかぶせる金の覆い。
※残夢(1939)〈井上友一郎〉二「何かキラリと小さな唇のあはひで光った八重歯の金冠が、一種の印象となって残った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐かん ‥クヮン【金冠】
〘名〙 (「こん」は「金」の呉音) =きんかん(金冠)
※源平盛衰記(14C前)二九「爾(その)時に観世音金冠(コンクン)を動かし、慈眼を瞬し給ひて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金冠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金冠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation