@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金剛証寺【こんごうしょうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金剛証寺
こんごうしょうじ
三重県伊勢市朝熊山山上にある臨済宗南禅寺派の寺。中本山。山号は勝峰山兜率院。欽明天皇の頃の暁台上人の創建と伝えられ,空海中興といわれる。のち建長寺の東嶽和尚が修復して真言宗から臨済宗とした。本尊虚空蔵菩薩伊勢神宮鎮護の寺として,朝廷幕府崇敬を受けた。国宝の伊勢国朝熊山経ヶ峯経塚出土品を公開している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こんごうしょう‐じ〔コンガウシヨウ‐〕【金剛証寺】
三重県伊勢市朝熊(あさま)山にある臨済宗南禅寺派別格本山。山号は勝峰山。開創は天長2年(825)、開山空海。元中9年=明徳3年(1392)東岳文昱(ぶんいく)が中興、臨済宗となる。所蔵の朝熊山経ケ峯経塚出土品は国宝。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こんごうしょうじ【金剛証寺】
三重県伊勢市にある寺。勝峯山兜率院(とそついん)と号する。伊勢市南郊の朝熊(あさま)山上にあって,脚下に伊勢湾,遠く中部の連峰一望におさめる。もと禅密兼学,いま臨済宗。寺伝では,欽明天皇代に僧暁台が創建して,のちに空海が密教の道場にしたと伝え,そののち室町初期に鎌倉建長寺の東岳和尚が中興し,禅宗の寺となった。近世には鳥羽水軍の九鬼嘉隆など諸大名崇信厚く,また伊勢参宮が盛行するにつれ,当寺は神宮の奥の院といわれて,〈伊勢へ参らば朝熊をかけよ,朝熊かけねば片参宮〉と俗謡が生まれ,多くの参詣者を集めるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

こんごうしょう‐じ コンガウ‥【金剛証寺】
三重県伊勢市東部の朝熊(あさま)山にある臨済宗南禅寺派の寺。山号は勝峰山。欽明天皇の勅命により、暁台(ぎょうだい)が開山。天長二年(八二五)空海が中興。明徳三年(一三九二)禅宗の東岳文昱(ぶんいく)が来住して禅密兼学の道場となる。所蔵する朝熊山経ケ峰経塚出土品は国宝。朝熊。朝熊岳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金剛証寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金剛証寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation