@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金売吉次【カネウリキチジ】

デジタル大辞泉

かねうり‐きちじ【金売吉次】
源平時代、陸奥(むつ)国黄金売り長者になったという伝説的な人物源義経陸奥国藤原秀衡(ふじわらのひでひら)もとへ案内したという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

金売吉次 かねうり-きちじ
伝説上の人物。
「義経(ぎけい)記」「源平盛衰記」などに登場する黄金商人陸奥(むつ)と京都を往来し,陸奥の砂金を売買する。鞍馬(くらま)寺で牛若丸(のちの源義経)にあい,平泉の藤原秀衡(ひでひら)のもとにともなったという。各地を旅した鍛冶(かじ)・鋳物(いもの)師の金屋(かなや)とする伝説,伝承もある。別名吉次信高,橘次末春(きつじ-すえはる)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かねうりきちじ【金売吉次】
鞍馬山にいた牛若丸を奥州の藤原秀衡のもとに連れ出した金商人(こがねあきんど)。生没年不詳。橘次末春とも吉次信高とも名のる。に吉内・吉六がいた(幸若舞曲《烏帽子折》など)ともされる。《平治物語》(古活字本),《平家物語》剣巻,《源平盛衰記》《義経記》などに登場し,各地に伝説としても伝わる。《玉葉》文治3年(1187)9月の記事に,当時,奥州を中心に砂金を売買する商人が活躍したが見え,吉次も都と奥州とを往来する金商人のひとりと考えられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かねうりきちじ【金売吉次】
陸奥国の金を京で売って長者となったといわれる伝説上の人物。鞍馬寺で牛若丸に会い、藤原秀衡のもとに案内したという。後の名を堀弥太郎光景。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金売吉次
かねうりきちじ
平安後期の伝説的人物。奥州の砂金と京都の物品との交易を行った京三条の商人で、名を吉次信高といい、堀弥太郎(やたろう)ともいう。その事跡は『平家物語』『義経記(ぎけいき)』、舞曲「烏帽子折(えぼしおり)」などにみられる。とくに『義経記』にみえる吉次が鞍馬(くらま)で会った牛若丸(源義経(よしつね))を奥州の藤原秀衡(ひでひら)のもとへ連れていったことは有名。[芳井敬郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かねうり‐きちじ【金売吉次】
源平時代、東北地方の黄金と京の物品とを交易して長者になったといわれる人物。牛若丸(源義経)を奥州の藤原秀衡のもとまで送り届け、源氏興隆の有力な援助者となった。のちに、堀彌太郎と改名したという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金売吉次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金売吉次の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation