@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金属指示薬【きんぞくしじやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金属指示薬
きんぞくしじやく
metal indicator
金属イオンをキレート試薬を用いて滴定するとき,終点を検出するために用いる指示薬。キレート試薬としてはエチレンジアミン四酢酸を用いることが多いが,この場合カルシウムマグネシウムに対するエリオクロムブラックTに対する1-ピリジルアゾ-2-ナフトールなどは代表的な例である。終点にいたる前はマグネシウムまたはカルシウムのエリオクロムブラックT錯体のワイン色を呈するが,終点ではエリオクロムブラックTが放出され,青色に変るので終点指示に用いることができる。金属指示薬は弱酸のキレート試薬である場合が多いので,変色溶液水素イオン濃度の影響を受ける。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぞくしじやく【金属指示薬】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

金属指示薬
きんぞくしじやく
metal indicator
キレート滴定において終点指示のために用いる指示薬をいう。指示薬自身も金属イオンキレート化合物を生成するが、その安定度定数は、滴定試薬が金属イオンと結合して生じるキレート化合物の安定度定数に比べて小さく、かつ指示薬自身の色が、金属イオンとキレート化合物を生成したときの色と異なるような性質をもつものが金属指示薬として用いられる。表1には正式名称と略称を示した。
 金属イオンM(電荷は省略する。以下同じ)を含む溶液に金属指示薬Xの微量を加えてキレート試薬Yで滴定すると、金属指示薬自身弱いキレート剤であるから、最初はMXの着色がみられるが、滴定が進むとMYが生成し、当量点では、
  MX+YMY+X
の反応がほとんど完全に右に進んで、溶液は遊離の指示薬Xの色を呈し、MXと異なる色になるので終点を判定することができる。たとえばキレート試薬としてエチレンジアミン四酢酸(EDTA)を用いるマグネシウム()イオンの滴定ではエリオクロムブラックT(BT)が、また銅()イオンの滴定では1-(2'-ピリジルアゾ)-2-ナフトール(PAN)がそれぞれ金属指示薬として用いられる。いくつかの金属指示薬の直接滴定における変色を表2に示す。にはこれらの金属指示薬の構造を示した。[成澤芳男]
『玉虫文一他編『岩波理化学辞典』第3版増補版(1981・岩波書店) ▽大木道則他編『化学大辞典』(1989・東京化学同人) ▽奥谷忠雄他著『基礎教育 分析化学』(1995・東京教学社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

金属指示薬
キンゾクシジヤク
metal indicator, metallochromic indicator

金属イオンのキレート滴定の際に,金属イオンと反応して発色,変色,または濁りを生じることにより,終点を決めるために使用される指示薬.指示薬の発色機構にもとづき次の三つのグループに大別される.
(1)無色またはほとんど無色の化合物で,特定の金属イオンと反応して錯体,キレートを生成して発色するもの.サリチル酸チオシアン酸カリウムによる Fe3+ の発色や,ヨウ化カリウムチオ尿素によるビスマスの発色など.
(2)金属イオンと反応して沈殿やレーキを生成するもので,カルシウムに対するシュウ酸など.
(3)金属イオンとキレート化合物を生成し,その際,明瞭で鋭敏な変色を伴うもの.有機色素で現在使用されている指示薬の大部分はこのグループに属している.たとえば,エリオクロムブラックTムレキシド,ピリジルアゾナフトール,キシレノールオレンジなど.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金属指示薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金属指示薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation