@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金属顕微鏡【きんぞくけんびきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金属顕微鏡
きんぞくけんびきょう
metallurgical microscope
反射顕微鏡一種。正立型,倒立型があり,倒立型は,試料面を光軸に垂直に保持しやすく,大型試料の鏡検 (顕微鏡分析) ,加熱変化などの観察に便利である。金属などの研磨面の鏡検に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんぞく‐けんびきょう〔‐ケンビキヤウ〕【金属顕微鏡】
金属、合金セラミック組織や研磨面、電子部品などの不透明な試料を観察するための顕微鏡。半透明鏡またはプリズム対物レンズ接眼レンズの間に置き、鏡筒側方からの光を鉛直上方から試料表面射し、その反射光を拡大する。解像度は高いが被写界深度浅い反射型顕微鏡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぞくけんびきょう【金属顕微鏡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

金属顕微鏡
きんぞくけんびきょう
metallurgical microscope
金属、合金、セラミックスなどのように不透明な物質の構造を観察するための顕微鏡で、反射型顕微鏡ともいう。植物や動物の細胞などを観察する通常の光学顕微鏡(生物顕微鏡または透過型顕微鏡という)の場合には試料の裏側から光を当て、透過してきた光を対物レンズと接眼レンズとによって拡大する。これに対して金属顕微鏡では、対物レンズと接眼レンズとの間にガラス板または直角プリズムを組み込んで試料の前面から光を当て、反射してきた光を対物レンズと接眼レンズとによって拡大する。倍率は約1000倍が限度であり、これ以上の拡大には電子顕微鏡が使用される。[西沢泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金属顕微鏡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金属顕微鏡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation