@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金山【かなやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金山
かなやま
岐阜県中部,飛騨川の中流域,馬瀬川が合流する地点にある地区。旧町名。 1890年町制。 1955年菅田町および下原,東の2村と合体。 2004年3月下呂町はじめ3町1村と合併し,下呂市となった。中心集落金は飛騨 (越中) 街道に沿い,宿場町として発展。山林が広く,主産業は農業と林業南部の菅田地区は茶の産地木材,木製品加工も発達。中央を南流する馬瀬川に岩屋ダムがあり,東仙峡金山湖が広がる。中山七里と呼ばれる渓谷美で知られる景勝地があり,飛騨木曾川国定公園に属する。民俗資料を集めた金山町郷土館がある。 JR高山本線,国道 41号線が通る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金山
かなやま
愛知県名古屋市熱田区の北端にある地区。都心栄町から南方 3kmに位置し,副都心形成。 JR東海道本線,中央本線名古屋鉄道が集まって金山駅があり,都心部に入る南の玄関口。近くに市立体育館がある。堀川と新堀川に囲まれていて,両運河沿いは車両ガラスガスなどの大工場や,名古屋中央卸売市場がある。熱田神宮にも近い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金山
きんざん
gold mine
産出する鉱山金鉱石英脈中に存在し,自然金(山金)として産出する。南アフリカ共和国北東部のトランスバール地方にあるウィットウォーターズランド自由州が世界最大の金山地帯。そのほかロシアアメリカ合衆国オーストラリアなどに多い。日本では佐渡鉱山鴻之舞鉱山串木野鉱山などが有名であったが,今日では国内における金の産出はわずかである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かな‐やま【金山】
金・などを掘り出す山。鉱山。また、鉱山を開発すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん‐ざん【金山】
金を産出する鉱山。金鉱。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かなやま【金山】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かなやま【金山】
金属鉱石を掘り出す山。鉱山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きんざん【金山】
金を産出する鉱山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

金山
(山形県最上郡金山町)
美しい日本のむら景観100選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金山
(香川県坂出市)
香川のみどり100選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金山
(群馬県太田市)
ぐんま百名山」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かな‐やま【金山】
〘名〙
① 金、銀などを掘り出す山。鉱山。かねやま。
※古事記(712)上「天の金山(かなやま)の鉄(まがね)を取りて、鍛人(かぬち)天津麻羅を求きて、伊斯許理度売(いしこりどめの)命に科(おほ)せて鏡を作らしめ」
※御湯殿上日記‐永祿七年(1564)五月一五日「あきのかな山御れう所よりかね五まい、しろかね五十まいまいる」
② 鉱山を開発すること。鉱山を経営すること。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「大事には毒断あり、美食淫乱〈略〉新田の訴詔事、金山の中間入」
③ (金を産出する山の意から) =かねばこ(金箱)
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)上「恋風の其扇屋の金山と、名は立のぼる夕ぎりや秋の末よりぶらぶらと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きん‐ざん【金山】
[1] 〘名〙
① 金を産出する鉱山。金坑。
※随筆・凌雨漫録(1804‐30頃か)「金山の堀口を鋪口ともいふ」 〔南史‐林巴国伝〕
② 金でできているように堅固な小島。
[2]
[一] 中国江蘇省鎮江市の西北、揚子江中にある小島。現在は土砂が堆積して南岸に続いている。江中・焦山と対峙する景観は有名。獲符山。チンシャン。
[二] (Altan (金の意)に由来) 中央アジアから北東アジアにかけて伸びるアルタイ山脈の異称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こん‐せん【金山】
(「こん」「せん」は、それぞれ「金」「山」の呉音) 仏語。
[1] 〘名〙 仏の身を山にたとえた語。
※三教指帰(797頃)下「曾成之道、始於八相、金山之体、坐於四康
[2] 須彌山(しゅみせん)の周囲にあるという七層の山。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation