@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金峰山寺【キンプセンジ】

デジタル大辞泉

きんぷせん‐じ【金峰山寺】
奈良県吉野山にある金峰山修験本宗の総本山。院号は蔵王堂院。役(えん)の小角(おづの)草創と伝え、聖宝僧正(理源大師)の中興と伝える。蔵王堂・二王門(ともに国宝)を中心に金峰山一山は天台真言両宗の修験道寺院で構成され、諸院諸坊数十宇を数える。平成16年(2004)「紀伊山地霊場参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。蔵王堂。金輪王寺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

金峰山寺
きんぷせんじ
大和国吉野山から大峰山にかけての峰々の諸寺院の総称
金峰山修験本宗の総本山で,修験道の開祖役小角 (えんのおづぬ) の開基と伝えられ,中心は吉野町にある蔵王 (ざおう) 堂。現在まで修験者の行場となっている。平安中期には貴族の参詣が流行。中世においてはこの山は弥勒浄土として信仰され,僧徒兵力も強大であった。南北朝の動乱期には南朝の拠点となり,高師直に攻められて焼失。復興後,近世には日光山輪王寺の支配下にはいった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金峰山寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金峰山寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation