@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金峰神社【きんぶじんじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

金峰神社
きんぶじんじゃ
奈良県吉野町吉野山鎮座。「かねのみたけ神社」ともいい,「きんぼう」とも読む。元郷社。祭神はカナヤマヒコノミコト。金鉱守護神例祭 10月 16,17日。『金銅藤原道長経筒』 (国宝) を所蔵する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんぶ‐じんじゃ【金峰神社】
奈良県吉野郡吉野町にある神社。祭神は金山毘古命(かなやまびこのみこと)。中世修験道とともに栄えた。鉱山の守護神。平成16年(2004)「紀伊山地霊場と参詣道」の一部として世界遺産文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんぽうじんじゃ【金峰神社】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きんぶ‐じんじゃ【金峰神社】
[一] 奈良県吉野郡吉野町にある神社。旧郷社。祭神は金山毘古命(かなやまびこのみこと)。野山の地主神、金鉱の守護神として信仰される。社宝の金銅藤原道長経筒は国宝。蔵王権現。かねのみたけ神社。金精(こんしょう)明神。愛染の宮。
[二] 新潟県長岡市西蔵王にある神社。祭神は金山毘古命(かなやまびこのみこと)。和銅二年(七〇九)北国鎮護のため大和国(奈良県)金峰神社を勧請(かんじょう)。蔵王さま。蔵王権現。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きんぽう‐じんじゃ【金峰神社】
山形県鶴岡市青龍寺にある神社。旧県社。祭神は大国主命(おおくにぬしのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)ほか二柱。天智天皇一〇年(六七一)役小角(えんのおづの)の草創と伝えられ、大同年間(八〇六‐八一〇)本殿を創建。江戸時代、藩主酒井氏の祈願所となる。きんぼうじんじゃ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金峰神社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金峰神社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation