@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

金座【キンザ】

デジタル大辞泉

きん‐ざ【金座】
江戸幕府の金貨鋳造所。勘定奉行の管轄下にあった。文禄4年(1595)徳川家康後藤庄三郎光次江戸に招いて小判を鋳造させたのに始まり、駿府・京都・佐渡にも設けられたが、その後江戸に統合された。明治2年(1869)造幣局の設置に伴い廃止

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんざ【金座】
江戸時代の小判一分金鋳造所をいう。勘定奉行の支配下におかれていた。二分金,二朱金,一朱金,五両判などを造ったのは後代になってからで,金座といえば小判,一分金の検定極印(ごくいん)および包封をつかさどる江戸の後藤庄三郎役所のことであった。慶長幣制(1601)成立の当時から日本橋本町一丁目(現在の日本銀行所在地)にあった。ただし,金座すなわち後藤庄三郎役所と,その近辺に居住して,それぞれの自宅で実際に小判,一分金を造っていた小判師たちとは別であるが,小判師たちは後藤庄三郎の支配下にあったので両者を切りはなしては考えず,単に後藤とか金座とかいっていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんざ【金座】
江戸幕府の金貨の鋳造・発行所。初め江戸・駿府・佐渡・京都に設置されたが、中期までに、江戸金座を残して他は廃止または縮小された。勘定奉行の支配に属し、長官である御金改役は後藤家が世襲。小判・一分判金などの金貨の鋳造・鑑定・封印などを管轄した。1868年(明治1)廃止。 → 銀座

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

金座
きんざ
江戸幕府直轄の金貨の鋳造所。徳川家康は1595年(文禄4)、京都から彫金家の後藤庄三郎光次(しょうざぶろうみつつぐ)を関東に招いて、駿府(すんぷ)および江戸で武蔵小判(むさしこばん)(一両判)を鋳造させた。ついで家康は1600年(慶長5)には京都、佐渡にも金座を設け、翌年から慶長小判・一分金をつくらせた。慶長大判(十両判)は1601年から後藤徳乗(とくじょう)(庄三郎の師)およびその一族により大判座で鋳造された。
 金座の組織は御金改役(おかねあらためやく)、金座、吹所(ふきどころ)からなり、御金改役は金座の頭人(とうにん)(長官)で、新鋳金貨の鑑定ならびに極印(ごくいん)の打ち込みを行い、後藤家の世襲であった。金座は年寄役、触役(ふれやく)、勘定役(かんじょうやく)、平役など一定数の座人で構成され、勘定奉行(ぶぎょう)の支配下に置かれていた。また吹所は鋳造工場で、座人監督の下に小判師が徒弟を使って小判を吹き立てた。金座という名のおこりは、元禄(げんろく)期(1688~1704)の貨幣改鋳に際して、江戸の本郷霊岸寺(れいがんじ)の近くにあった鋳造所が本町一丁目(現在の日本銀行本店所在地)にあった金座後藤の役宅に移されたとき、世人がこれをよんで金座といったことに始まると伝えられる。金座では1810年(文化7)と1845年(弘化2)の2回にわたって不正が露見したので、後藤家は取り潰(つぶ)しとなった。金座は1866年(慶応2)焼失し、69年(明治2)には造幣局の設置に伴って廃止された。[作道洋太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐ざ【金座】
〘名〙 江戸時代の金貨鋳造機関。御金改役後藤庄三郎役所、金局、吹所(ふきしょ)から成る。金貨は当初、江戸、駿府、京都、佐渡でも鋳造されていたが、後にはもっぱら江戸で、おもに幕府から渡される地金を所定の金貨に鋳造し、知行地、役宅、役料を拝領していた。
※天明三年一二月一二日達(1783)「両替屋共より金座え役銀差出候に付」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

金座
きんざ
江戸時代の大判を除く金貨鋳造所
1595年徳川家康が後藤庄三郎光次を江戸に招き小判鋳造にあたらせたのが最初。以後代々後藤家が御金改役長官)を世襲。勘定奉行の支配のもと地金買入れ,小判・一分金などの金貨鋳造を独占した。初め江戸・京都・佐渡に設置したが,やがて京都・佐渡は廃止,江戸は明治維新まで続いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

金座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation